忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第5話「だから僕はそれをするのさ」
 
編み物な陽毬。
回復というか順調?
 
冠葉、ペンギンの帽子を医者に差し出す(笑)
これは冠葉が入院させられるレベル。
そりゃ信じてもらえないっつの。
 
先週落とされたのはアサミさん(黒髪ロング)
お見舞いしてるのは依頼人の茶髪(ナツメさん)
そのレーザービームみたいの何?
 
3人の家を売る、それぞれを親戚のところへ…という話を冠葉にする叔父。
 
パパとデートな苹果。
可愛い娘…を演じているの巻。
うー…パパ、記憶があやふや?
苹果パパは、もう苹果の好きなパパじゃねーなー。
 
多蕗はモンブラン好き。
…おっと、時籠に先を越されてるなう(笑)
 
冠葉、9年前の回想。
暴風雨の中、陽毬のために駆ける父と冠葉。
 
金を…受け取った。
 
ノートを貸してくれるよう苹果に頼む晶馬。
つか、中身見たのがバレる言動(笑)
 
運命日記。
晶馬がそれを必要とする理由。
 
ペンギンがゴキにやられてるぞ(笑)
 
おっと、揉めてる間に帽子on陽毬。
生存戦略!
日記を渡すように命令。
苹果、反抗!(笑)
変身した陽毬をぶったたいた(笑)
「たかが帽子」じゃない体験しただろ、今(笑)>苹果
 
冠葉、ボロボロになりながら帽子を取り戻す!
これ、9年前の、陽毬を守ったのと重なるのか。
 
あの金は叔父の口座に…って、叔父、商売行き詰まってたっぽいな。
PR
第4話「舞い落ちる姫君」
 
今週のMVP:スカンクのキヨシくん(違
 
苹果がかなりアヤシイ子なのは間違いないけど(笑)
それは日記が無くてもたぶん変わらなくて。
となると、
わざわざ苹果に日記を与えた存在の意図がきになる。
そういう存在が、多蕗にとっての時籠を知らないハズが無いだろうから、
苹果には敢えて困難を与えてることになるわけだ。
目的達成のために、敢えて困難に挑ませる意味。
 
運命≒Mission.
 
 
…高倉冠葉恋愛被害の会(3バカ)は、
おそらく、苹果を操ってる?存在と同じ黒幕だよね。

 
 
苹果の妄想がミュージカルで面白い(笑)
おおっと、苹果相手の時籠、黒いのも面白い(笑)
オンナって怖い(笑)
 
しかし苹果の崩し絵(笑)
 
勇敢なお姫様は、しかしガッついていないよ、苹果(笑)
第3話「そして華麗に私を食べて…」
 
苹果がレギュラー入りの回、ということでよいのかしら。
話としてはまったく進んでないよね。
 
20日は父親の月命日かしら。
大切な人と食べるカレー。
…前回でストーカーであること露呈していなければ 
苹果の可愛さばかりが目立つ回だったんだけどなぁ(苦笑
火にかけられた鍋を素手で掴んで差し替える根性!
泥棒猫から顔面にカレーを被るくだり、笑ったわー(笑)
母へのメール、家族を我が家と打ち直すところは、
運命に縛られていながらも母への気遣いがあって良かった。
これが、苹果の素の部分なのだろう。
多蕗へのストーキングはあの日記帳ゆえだと思いたい(苦笑
 
汚れ仕事を厭わない冠葉、カッコイイ。
施錠を突破する技術を持っている冠葉、何故だ(笑)
 
半分直球で探りを入れる冠葉に、
気に留める様子もなくサラリと答えた苹果。
このリアクションはポイントだよな、と思う。
 
 
 
ペンギンカレーの商品化希望(←
第2話「危険な生存戦略」
 
「ペンギン帽」呼ばわり(笑)
しかしまぁ、唐突に、派手に現れるねぇ、ペンギン帽。
ロケット部分はウテナの決闘場へのEV、
多用される螺旋はDNAのイメージなんだろうな。
 
ペンギン可愛い。
 
高倉家、貧しそうなわりには
CCD、通信機(+ノートPC)…と、
ペンギンにけっこうな装備させるじゃないの。
 
荻野目苹果が多蕗に抱くのは、
恋心ではなくもっと危険なもの…と、
苹果と多蕗が別れた直後の苹果の笑みで思ったが、
未来が予め書かれた日記とはまたトンデモな。
冠葉と晶馬が単にストーカーという認識でいたなら、
ちょっと痛い目見るかもね。
 
 
一応は「陽毬のため」ということで行動を共にしてるけど、
1話に続きこの2話でも、
冠葉と晶馬が対称的である描写が強かったことから、
将来的には行動を分かつものと予想。
第1話「運命のベルが鳴る」
 
「少女革命ウテナ」が凄く好きで、
幾原監督の新作を心待ちにしていました。
 
ちなみに、セーラームーンSなどは観ていないので、
和泉の中では幾原監督=ウテナ、のみです。
 
 
3人(陽毬、冠葉、晶馬)の関係性と
それぞれの性格を把握。
 
「生存戦略」って、このノリなのか(笑)
 
猛ダッシュで晶馬を追うペンギン。
健気…(笑)
 
 
情報入れてなくても
「あ、これ幾原監督だ」ってわかりますねぇ。
機械が駆動する描写とか、強調される記号とか。
 
ちょ(笑)
冠葉の胸から何か取り出した(笑)
世界を、革命s
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]