忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第10話「もう誰にも頼らない」
 
関東では3月11日深夜放送予定だったものを、
17日早朝にニコニコチャンネルで視聴しました。
 
 
ほむらのループ履歴と決意の回。
 
ほむらにとってのミッションは
まどかがQBと契約しないことと、
彼女を守るためにワルプルギスの夜を倒すこと。
 
前者のついでに後者がある、という構図だが、
前者の条件を満たしつつ後者に臨むのは初めてで、
過去に後者を満たしたのは「魔法少女まどか」のチカラが大。
その上、戦力たるマミ、さやか、杏子は既にリタイア…。
 
状況としては、まどかが能動的に関わるしかないと思うんだけど、
周回を重ねる中で、
ほむらは「まどかには何もさせない」を選択している。
 
どうなるんだこれ…。
あと2回で決着するのか……。
 
 
視聴時についてたタグ、
「神回」は勿論「神OP」も当然だな。
 
「コネクト」はどの段階で制作されたのだろう。
完璧じゃないか。
 
ゲーム「AIR」の各キャラと
ミュージシャンのAIRの曲とを掛けて、
絵コンテにも見えるような漫画を同人誌として制作したことのあるくらいに
歌詞の行間、物語を切り取る言葉、根底に流れている伝えたい話
…というものに興味を抱いている俺としては、
かなりの衝撃だった。
(いや、みんな衝撃だったと思うんだけどw)


 
 
ところで、1周目のクラスメイトよ。
心臓の病気だったのに運動系は無いだろ(笑)
PR
第9話「そんなの、あたしが許さない」
 
「堕ちて」魔女になった魔法少女は
人間界で言うところの「死んだ」状態みたいだけど、
死体は残るのね。
これまで堕ちた魔法少女の死体はどうなったんだろ?
魔女になった自分が破壊しちゃうか。
 
何でこんな話をしたかと言うと、
杏子とほむらがさやかの死体を回収したからなんだよね。
 
今回においては、杏子とまどかのチャレンジは失敗したけど、
これ、ワンチャンス、さやかの復活あるとは思わないかい?
 
ところで、杏子はほむらを「得意げ」と評していたけど、
それは違うよね。
知り過ぎてる、慣れてしまっている、悟ってしまっている…からだよ、あれは。 
 
 
さやかに昔の自分を重ねて見て、
助けたい、諦めたくない…という杏子は熱くていいね!
 
杏子がさやかに差し出したうまい棒が「意思を繋ぐバトン」に、
さやかの結界内を往く杏子が食べてる団子が彼女のヒットポイントに、
それぞれ見えてしょうがないで御座る。
 
 
さやかの結界内がピアノ、音符、オーケストラの世界な件。
……上條くん(涙
 
 
QBの目的と、契約を迫る理由がついに判明。
…世界(地球じゃなくて宇宙規模だけど)か、自分か、か。
 
「認識の相違から生じる誤解に憎悪を抱く」とは
QBの人間評だけど、
「お前認識を摺り合わせる作業してないじゃん」って話だよね。
…まぁ、営業活動の中でその手法が有効だと気づいたから
そうしてるんだろうけど。
 
 
「ワルプルギス」は超弩級の魔女で、
ほむら一人では到底勝てないであろう相手だけど、
これ、どうなるかね。
 
ほむらはまどかを巻き込まない決意をしてるけど
何か秘策があるような感じではないし。
 
QBだって、ワルプルギスに街が(まどかが)飲み込まれたら
困ると思うんだけど、
静観してるだけなのかな…。
第8話「あたしって、ほんとバカ」
 
自分でもわかっていながら、
堕ちていくのが止められないさやか。
彼女の目指す魔法少女像は彼女の正義感に拠るもので、
上手く回れば実現出来なくもないのだろうけど…。
(魔法少女としても孤高の存在になることに
 さやかが耐えられるのかは別問題)
ほむら、杏子、上條くんと仁美、まどか…と、
周囲の状況があまりにも向かい風なので、
まるっきり仇となってしまったね。
 
 
まどかはまどかで参っている…のはわかるけど、
QBに素質の高さを言われているからか、
今以て「ここから全部救いたい」と思ってる節がある。
その意味で、何にもわかってない。
…いや、受け入れる気がない、の方が正しいか。
 
 
ほむらは、まどかを守るという目的のために
もうなりふり構わず…という感じだけど、
まどかに詳細を語れないのはどういう縛りなんだろうな。
それと、まどかを守りたい気持ちが先に立ち過ぎて、
「まどかの素質に賭けて、
 まどか(と、ついでに周辺やら世界)を救う」
という発想には至れないのね。
 
QBを殺したのは2回目らしいけど、
このままじゃ、ジリ貧だよね。
 
どこかで思い切らないと、その願いは叶いそうにないと思うな。
 
 
魔女になる途中だから魔法少女。
…卵?があるから、魔女のすべてが魔法少女の行く末ではないだろうけど、
この関係の詳細が語らると、大きなインパクトを与えそうだよなー。
 
 
 
「使徒を……喰ってる」
第7話「本当の気持ちと向き合えますか?」
 
QBの「聞かれなかったから話さなかった」は、
まぁさておくとして、
それにしたって、やっぱり(ほむらを除く)魔法少女たちの認識は
事実と比して軽いものだった。
 
杏子の割り切り方は、
おそらく大多数の魔法少女も行っていて、
いちばん合理的だと思う。
ソウルジェムに魂が云々の話も、
「ソウルジェムを最優先に守ればいい」という条件が
加わっただけ、と
この割り切り方の延長で捉えられると思うし。
(まだ杏子はそこに至ってないけど)
(それは、たぶん、杏子が実は割り切りきれてないことの
 証左でもあるのだと思う)
 
 
今回は、さやかだよなぁ…。
 
手が治った(退院した)上條くんと接点が無くなって、
「そんな期待をしていたわけじゃない」と言いつつも
どこかに抱いていた、
上條くんとの距離が縮まるのでは、という淡い期待は、
おそらく実らないであろう…と思ってたんだけど、
まさかここに仁美が絡んでくるとは…。
 
恋と友情の同時ロストになりかねん。
 
QBの「痛みを消せる」話もまた絶妙のタイミングで、
今回の終盤は完全に自棄になってたもんなー…。
 
杏子の話を聞く中で
自分がこうなるんだという魔法少女像をより確かなものにはしたけど、
あの自棄っぷりでは
その魔法少女像が彼女のココロを留まらせるとは思い難いし…。
 
タマシイよりもココロの救済が先だよね、こうなると。
そして、それはまどかの仕事なんだろうけど…。
 
 
QBの外付け発言でもって
いくらかの同族意識が芽生えた杏子も加えて、
ほむら、まどかでどうにか出来るのか…。
 
QBは更に仕掛けてくる
(まどかが魔法少女になるように状況を整える)
だろうし…。
 
 
エグいっすなー…(苦笑
第5話「こんなの絶対おかしいよ」
 
まどかママがカッコイイなぁ。
夜中の相談シーンは名シーンと断言してもよいだろう。
 
「諦めるか、誤解されるか」「間違い方の勉強」
「若いうちは傷が治るのも早い」
「綺麗じゃない方法で解決」
 
 
まどか、さやか、ほむら、杏子は、
それぞれの動機において行動していて、
そのどれもが自身の中で間違ってはいないのだけど、
まどかには理解すべきこと、
さやかには誤解が、
それぞれ1つあると思う。
 
 
まどかが理解すべきは、
「結果的に、魔法少女によって世界が守られているという事実」。
グリーフシードのみを求めるような魔法少女を否定することは、
世界と天秤にかけた時に、呑み込むべきことだと思う。
どうしてもこれを否定するのであれば、
自身が魔法少女になって、
グリーフシードのみを求めるような魔法少女の分も自分が世界を守るか、
その姿勢を見せることで説得するか。
守られる側に居るだけのまどかの理論は、
魔法少女には通用しない。
彼女らは彼女らで命がかかっているのだから。
mなして、まどかは望めば契約出来る立場に居るのだから……。
 
さやかの誤解は、
「マミが殺されたのを見計らってやって来た」
と思い込んでること。
さやかが契約に踏み切った要因は、
上條くんのことが大きいのは間違いないけど、
「マミさんのように街を守りたい」という動機も
小さくはない。
そして、この動機を加速、増幅させたのは
マミの死と、直後に登場したほむらだ。
この誤解が無ければ、
(仮にほむらがマミの死を待って現れたのが事実だとしても、
 さやかがそのように思い込まなければ)
状況はかなり違うハズなんだよな。
 
 
 
俺がつらつらと書いてる内容は、
「ほむらの描くシナリオ通りにコトが運ぶのが
 現状、いちばんハッピーエンドになる可能性が高い」
との思いに基づいてます。
 
2週後に来るらしい、アルプルリス?。
ほむらがこの街に来た目的は(まどかの契約を阻止するのと)それで、
今は、それを待ちながら…
まどかがマミと出会ってしまった→
マミによりまどかが魔法少女に惹かれ始めてしまった→
まどかの心を揺さぶった挙句に死んでしまったマミのせいで
さやかが魔法少女になってしまい、ますますまどかが揺れる→
しかも、マミが死んだことで余計な魔法少女(杏子)まで
この街に来てしまった
…というイレギュラーな状況を、
「まどかを魔法少女にしないのを前提に」解決しようとしているのだと思う。
 
何をもってハッピーエンドとするか、という話になるけど、
個人的には、まどかは平穏な暮らしを送るのがよいと思うので
(既にいろいろ知り過ぎてるし、さやかが魔法少女になってしまってけどね)
ほむらを支持したいのです。
 
 
 
これまでの契約過程から学んでのことなんだろうけどさ、
QBの信用出来なさたるや凄いじゃん(苦笑
 
体が外付けHDDとか「それ最初に言えよ」って(苦笑
学んだから言わないのだろうけど。
 
こんなのと、まどかが契約するのはハッピーとは言い難いと思うの。
 
先述したことを理解して、飲み込んで、背負って、
まどかが魔法少女になる決意をする、というのも
これまでのまどかからはちょっと想像し難いし。
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]