忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第12章「かなこさんの誕生日」
 
かなこ、本当に面倒くさいなぁ(笑)
誕生日アピール、遠いうえにわざとらしい(笑)
 
鞠也の指摘がもっとも過ぎる(笑)
トリプル・ブッキングどうするんだろ、と思ったもん。
神父についてはまぁいいかと思ってたけど。
 
しかし、きちんと察して、匂わせて、
いつの間にやら周囲との連携まで取ってのサプライズパーティですよ。
天の妃には女神しか居ないな!
 
パーティを合同にする提案をしたことを考えると、
鞠也のキスは本当にプレゼントであり、
時分がしたかったのでは、とも取れるが、
どんなもんですかね。
PR
第11章「妹の秘密」
 
おお、かなこの妹ことみき来た。
 
(アタマの悪い)姉が妹を溺愛するも
(賢い)妹に軽くあしらわれるの図、いいな(えっ
 
みきと鞠也って交流あったのか。
そうなると、鞠也のかなこへの態度も多少意味合いが…
違ってこないか(をい
 
みき弓道部でモテ過ぎワロタ。
つか、「かわいい女の子はみんな恋人」な
八巻小町嬢、いいね(←
 
 
か な こ 大 失 態 (笑)
 
 
いや、かなこ、そこは(鞠也を想う)みきよりも、
遠くない未来の自分の身を案じた方がよいと思う(笑)
 
 
今回の滞在中で訪れた先で特にこれといった反応のなかったみきとしては、
鞠也が男なのは都合の良い事実じゃないのかな。
第10章
 
 
第1節「聖職者の生贄」
 
茉莉花父はどこでこのロザリオを手にしたのか。
神父…タコは瞬殺だし、2番目は催眠術じゃん(笑)
 
添い寝とかかなこマジ乙。
 
 
第2節「淫夢の宴」
 
愛くるしい幼女からのバリエーション(笑)
ロザリオも、その筋の愛好家からオクで落としたのだろうか。
 
 
第3節「禁じられた関係」
 
神父駄洒落乙…。
ロザリオ、寮長のだったのか(笑)
そりゃあいつの時代のものか、何故呪われているのか、というのは
野暮な疑問だな。
 
 
第4節「夏のうなじ」
 
浴衣祭り。
夢オチを警戒するところにかなこの成長をみた(←
第9章「早熟の婚約者」
 
桃太、なかなかいい男じゃないか。
 
クワガタが基準の子供っぷりと、
子供と大人を使い分ける達者っぷり、
そして、隆顕先輩への想い。
 
…でも、かなこもべっぴんにカウントしたってください(苦笑
 
 
竜胆の軍事豆知識、要らんわ(笑)
 
今回のシリーズ、かなこもそうだけど、鞠也も影薄いよなー(笑)
第8章「汚された純真」
 
流石は天の妃の生徒たち。
目的意識のもと、自主的に夏期講習に参加とは。
鉛筆コロコロで編入試験を突破してきて
全教科赤点のかなことはえらい違いですな(笑)
 
 
サチ バースディ トゥ ユー(笑)
 
これ、全編妄想の可能性をみてたんだけど(笑)
全編事実なのね。
 
桐さんがサチのノートに救われたなんて意外だわ。
 
しかし今回の鞠也は優しかったな。
プレゼントの検閲はともかく、
返品手続きをしてくれるわ
プレゼントが無い窮地を機転を利かせて
(没収した盗撮写真集で)救ってくれるわ。
 
懺悔しようとしたかなこへの茉莉花の理屈もわかるが、
それでも積極的にフォローして
サチ誕生日の雰囲気やかなことサチの関係を壊さない理由には
ならないと思うのよねー。
 
 
テキトーなモノを題材に
「ちょうど○○したかったの~♪」と巧みに返すのは
もはや大喜利だな(笑)
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]