忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

うお、兄妹が3Dになっとる…。
 
○SNS特集
Twitterによるアニメ実況、
実況をマーケティングに生かそうという動き、
「TIGER&BUNNY」の試み。
凄く面白くなるところを取り上げてるんだけど、
いかんせん浅いなぁ…。
もっと突っ込んだ話しようよ…。
 
○まぐねったー
「SNSとアニメ」
…正直、このコーナーは普通に津田×東対談の方がいいだろ。
ヘンにTwitterを絡ませない方がいい。
現状、あずまんが「番組の色と合わないのではないか」と
ツイートするのも無理ないわ。
ま、今回は時計が神がかってたけど(笑)
あんな笑いはもう起きないぜ?
 
○ニュース各種
マチアソビの、橋の下美術館て凄いっスね。
 
○出崎統監督追悼
きちんと観たのは「あしたのジョー」だけだな…。
PR
○美少女ゲーム特集
エロゲ発タイトルがベースになって進められてて噴いた(笑)
変遷を見せるにしてはざっくり過ぎじゃないかなぁ、という印象。
MAG・ネットはやっぱり「わからない人は置き去りもやむなし」には
シフトしないもんなー。
 
メーカーへの取材で
Key=シナリオ、ニトロプラス=ビジュアル、OVERDRIVE=音楽…と
それぞれのこだわりを特徴として取り上げてたけど、
「美少女ゲームとはこういうものです」というまとめが弱かったので、
これらが「美少女ゲームってよくわかんない」層への訴求として機能したかと言うと、
疑問符を付けざるを得ない。
 
「まぐねったー」で津田大介と東浩紀に
同じお題(美少女ゲーム)で語らせたみたいに、
もうちょっと美少女ゲーム方面に濃い人を3人くらい呼んで
なんたるかを語らせてみた方が、
わかってる層には面白かったと思うし、
よくわかんない層にも「まだよくわかんないけど凄いんだな」という
印象を与えられたんじゃないかな。
地上波進出&月イチ化を機に、
レギュラーで観ることにしたよ。
 
それにしても、この措置は出世なのか左遷なのか
よくわかんないよね(笑)
 
 
○NEWS
・マンガ大賞2011
授賞式は中止になったとのことだけど、
ま、マンガ好きは式なんぞなくてもちゃんとチェックするもんね。
ライト層へのアピールが気になるところだけど、
「式は中止」というユースでもって
マンガ大賞の存在が少しは知れたんじゃないかな。
正直、式を開くコストを考えたら……と思った。
 
・QBアキバ席巻
アキバblogのツイートをRTしまくってる身としては
良い話題を取り上げたな、と(笑)
そして「どんだけ加藤英美里推しなのか」と(笑)
 
 
○まぐねったー
東浩紀×津田大介の時事放談:今回のテーマ「震災とネット」
あずまんがしゃべって
津田さんがフォロー&まとめになるのは
自然な流れだな(笑)
「震災と原発は分けて考えるべき」
「未曾有の事態に投げ出されてしまった」
という、あずまんの意見には同意。
 
 
○特集:声優大研究
第5回声優アワードの様子、
花澤香菜登場のアフレコ現場レポ、
加藤英美里登場の科学面での検証、
養成所の様子、
Maci氏(声優系イベント予定表)登場のファンの様子…と
なかなかの内容だったけど…。
花澤香菜のところに行ったあのコス2人、何?
番組進行の兄妹以上に寒かった。
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]