忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[125]  [126]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [118]  [116]  [117]  [119
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

その六「きゅうべえと磯菊の花」

こもも、先回りしてないであさたろうと一緒に行けやw

きゅうべえ渋過ぎるwww
「冷めた飯に熱い出涸らし。それだけでけっこう」

にきち、わかlってねーなー。
普段でも真剣に斬り合おうなんて気の無いあさたろうが
手負いの人間(人間?w)相手に手を出すわきゃないだろー。
そーゆーとこに惚れて付いてきたんじゃないのかよー。
これはにきちが全面的に悪い。

お。
シリアスなシーンでは名前をちゃんと言う、とか
某クーガーを思い出してしまったぜw

親分ギャグ寒すぎるw
ガハハハハハハハハハハ(棒読み

にきち、回顧→心変わりの流れはベタですがやはり良い。
この作品はこういうところがしっかりしてるよね。

あさたろう、直球(ズケズケ)過ぎるwww

「きゅうちゃん」
「(すかさず)きゅうべえだ」
吹いたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

無駄なものは斬らない主義なのか、
対峙してなお義理を重んじてるのか、
ともあれ、雑魚相手には峰打ちで済ませるきゅうべえ。
やはり渋い。

あさたろう、きゅうべえ、避けられぬ勝負…って、
おおーっ!
磯菊の花が咲き乱れる場所へ誘い込むとは、
あさたろう、やるねー!

これはきゅうべえとて戦う意欲を失くすよね。







せっかく決まったのに
「きゅうちゃん」「きゅうべえだ」で締めかよwwwwwwwwwwwwwwww
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]