忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第3話「妹オーディション」

嫁不足の農村w

「横暴ですわ!お姉さまの意地悪」
…これ、一見さんにはわからないんだよなぁ。
惜しい。

茶話会の受付、受付箱のところに人が居たら
応募しづらいと思うんだけど。

笙子ちゃん、お待ちしておりますw

「繊細だから…とか口にするんだったらGO!」と
山百合会の誰もが思ったであろう。

乃梨子の涙も、それをそっと拭う志摩子さんも美しい。
白薔薇さん家はほんと何やっても美しいw

火星≒マリア様の星。

「妹にはならないけれど」のくだりは非常に良いですね。
PR
第2話「特別でないただの一日」

容子さま「健在」w

可南子がやっぱりフル○タのかなちゃんに見えてしまう件w

クラスメイトが「祥子」て。
「さん付け」しろよ。

尺のせいだってのはわかってるけど、
やっぱり浅いし、バッサリいかれてるのは物足りないよねぇ。

…ま、後夜祭のところが良かったのでそれで良しとしますw
第1話「学園祭はショック2」

和泉さん、基本的にマリみて超好きです。
1期、2期とも視聴済み。
3期はDVD持ってるけど未開封w(←

原作、ドラマCDはコンプリート。

この前提でお願いします。



OP吹いたwwwwwwwwww
なんじゃこりゃw
ヴォーカル入りが(自分に)馴染んでないのはしょうがないとして、
このフィルム、何?www
つ【ゆっくりと歩くのがここでのたしなみ】
あと、どこ○もドアだかとおり○けフープか知らんけど、あの移動www

一応、山百合会のメンバーにはテロップ入ったけど、
関連性とか用語の説明とか皆無ですか。
一見さんに優しくないねw

「間」と絵の芝居が全然しっくりこなかった。

「間」に関しては尺を見て詰めてるんだろうけど、
なんとも…。
メリハリがつかない、言葉の重みが感じられない、といった感じ。

絵の芝居は台詞と(速度ではなく仕草などが)合ってない。

演劇部に戻るよう祐巳が瞳子に話すシーンの
真横からのアングルも酷かったなー。


ま、大した期待はせずに見たワケですが、
その通りだった、という感じでした。


和泉がマリみてのTVアニメ化で期待するのは
アニメそのもののデキではなくて
連動してのWebラジオやらドラマCDの発売だったりする。
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]