忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第18話(08/06/30放送分)
 
なんでも○定団。
ヤッターペリカンはどうしたの?
影も出ないって不自然じゃん。
5月でスケジュールに余裕が出来たハズなのに
作画が酷くなるのはなんでだろう。
せめて主人公くらいカッコ良く描いて欲しい。
話はペラかったです。
あれで家族愛的なものを匂わそうとするなんて無理w
良かったのは下田麻美がゲストだったことくらいじゃね?w
この番組、ゲストはけっこういいところが出てくるんだよなー。
 
 
 
第19話(08/07/07放送)
 
あ、OPが変わった……のに、フィルムはそのままってどういうこと?
相変わらずヤッターマンの線がガタガタなシーンが多いものの、
怪人百面相と会話するドロンジョさまなんかはかなり作画良好でした。
ペリカンは?
何丁目の夕日だよ!と思ったら二十面相の要素の方が強かった。
お化け煙突と聞くとこち亀を思い出す人が俺の世代ではけっこう居るような気がする。
ちょうちんブルマのアイちゃんカワユスvvv
半世紀前の3種の神器に詳しいのは小原乃梨子さんが当時20代だからだ、とか言うな!!!www
(注:言ってません)
EDも変わってた。
またも途中で録画が切れちゃってるんですが、
このアイちゃんはいいアイちゃん。
ここまでの話でいちばん良かったと言えるんじゃないか?
PR

アイちゃんカワユスvvv
 
以上。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
流石にこれじゃああんまりだな。
 
 
○第16話(6月16日放送分)
 
ヤッターペリカン、嫌に軽い上に凄く嫌味で気持ち悪い手のひらの返し方だな。
ガンちゃんの家?は国分寺にあるんスね。
アキハバラやらツンデレやらの取り込めてなさがすげえw
埼玉か横浜かの二又は笑ったw
 
 
○第17話(6月23日放送分)
 
あの国の4年に1度のスポーツ大会でレプリカに物申す。
8番セカンド守備職人的なじわじわとくる「ちょっとだけ面白い」が
そこそこの頻度で織り込まれてたw
でも、いちばんすげえと思ったのは
如意棒ロボにギリギリ締め上げられてる場面で
コクピットに出てきたカラスみたいな鳥が「グシャッ」っていったところ。
うわ、すげぇ残酷描写じゃねーの、これ?www

wktkしながら見始めました。
終始キターーーーー!って思いながら見てました(笑)
 
ちなみに、私、勿論リアルタイム世代ではありませんし、
ヲタになってからガッツリと見たワケでもありません。
 
子供の頃に再放送で流れてるのを
タイミングがあった時に見ていただけです。
 
 
>OP
突き抜けた明るさが無いのは作品や放映枠を考えると良くない、という
意見がでるのはよくわかる。
だけど、音楽的なことだけ考えたら、
ちょっとだけブルージーで、シンプルなパーカッションが効いた
渋くてカッコイイデキだと思います。
CD買います(笑)
 
>フィルム、脚本
昔のテイストと、現在の技術/表現方法がいいバランスに
なっていたと思います。
東京マッドタウンとかきちんと現代の流れも押さてたし、
今後も期待。
CM挟んでの3ブロックの構成は「お?」と思ったけど
そのうち慣れるでしょ。
むしろ、1話の中でこれを生かした展開を期待しちゃいますね。
 
>キャスト
や~、ドクロベェさまとドロンジョ一味がオリジナルだし、
ガンちゃん、アイちゃん、オモッチャマ、ナレーションは
現代のヲタ向けでしかもハマッてるし、
文句なしですよ。
 
>総評
1話だけで判断するのは早計だとは思うけど、
これはよいリメイクですよ。
見続けます。
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]