忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[810]  [811]  [889]  [826]  [821]  [802]  [803]  [883]  [814]  [792]  [812
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第22話「ララー♪ 魂の調べ、その名はキュアビートニャ!!」
 
プリキュアになっちゃうわ、
自分の本心に何となく気付いてるわの中、
自身のこれまでの行動に深く葛藤するセイレーンが、
最後には、消せない過去を抱えながらも進むことを決意する回。
 
で、セイレーンについてはどれも良かった。
 
わけがわからず自暴自棄に近くなったり、
(絶対に何か知ってる)音吉さんのナイスアドバイスで
ハッとなったりを経て、
最後、「(ハミィを傷付けたら)絶対に許さない」まで。
 
ほんと、良かったと思う。
 
 
バスドラ惜しかったなー。
ハミィを人質に、セイレーンに不幸のメロディを歌わせようという
その発想は良かったと思う。
でも、詰めが甘かったな。
ハミィをさらったら、速攻でプリキュアたちの手の届かないところへと
隔離してしまうべきだった。
 
 
メフィストの中のリーダーの位置づけと、
トリオの中のそれ。
こういうズレがある限り、組織は、強くはなれないよね。
 
 
 
当人を目の前にサクッと許すのはともかく、
その様子を知りもしない段階で浮かれまくってるハミィには、
やはり軽くイラッと来た(苦笑
響と奏がセイレーンについて疑ってたのが正しい反応だと思う。
そして、ここで問題なのは、
ハミィは、響と奏から無条件の信頼すら得られていないということ。
「ハミィが信じるなら私たちも信じる」とはなっていないワケだ。
これ、重い問題だと思うけどねぇ。
何せ、ハミィだけじゃ何も出来ないんだから。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]