忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【秋葉原】殺傷事件被害者の献花台がホームレスのエサ場に!
ttp://yaranaika69.blog88.fc2.com/blog-entry-605.html
 
102の通りにするのがいちばんイイかな。
あんまりに毒なんで、パクっていく連中に言いたいことは自粛。
 
供えた人たちの想いを考えたら
腐らせるよりイイ、とは俺は到底思えない。
コメ欄の2に同意。
 
カラスなどが食い散らかして周辺が荒れる等の問題に対しては
「関連はするけど別の問題」として対処法を練ればいいかと。

こういう時に税金遣おうよ。
ホームレスにパクられるよりは断然イイと思う。
PR
08/06/13、バイトを終えてから、事件後初めてとなる秋葉原に行ってきました。
時間は18:30過ぎ。
 
献花台には今もって溢れんばかりの花束。
 
供物の飲料や「アキハバラ」な土産物。
 
多くの手を合わせる人たち。
 
献花台を覆うテントの傍らには数人のマスコミ関係者。
 
 
Sofmap側から、駅の方へと横断歩道を渡ったのですが、
道路には血痕と思しきしみが見られました。
 
 
献花台が視界に入ってから、横断歩道を渡りきるまで、
鼓動が早く、強くなったのがわかって、
そのことでちょっと平静を保とうと無理をした。
 
泣きそうになった。
 
献花台の向こうの歩道に着いて、振り返って、もう1度献花台を見た。
 
色んな感情がないまぜになって、
どうしたもんかな…と思って献花台から視線を外して、空を見上げた。
 
もうちょっとしたら雨が降るかも、という感じの空模様。
 
気を落ち着けるように務めて、最後にもう1度だけ献花台を見て帰って来ました。
 
 
忘れちゃいけない。
けど、引き摺ってもいけない。
 
次に秋葉原に行く時には、切り替えていなくちゃ。
亡くなられた方のご冥福を、怪我を負われた方の回復をお祈りします。
また、ご遺族の方、事件に遭遇された方の心の傷が少しでも和らぎますように…。
 
----------
 
事件については、ほぼリアルタイムで知りました。
 
何かが一段落した時に
気分転換にmixiあるいはネギま!SNSを携帯から覗くのが習慣になっておりまして、
今回はバスケ終わりで覗いてみた際に知ることとなりました。
時間としては13:40くらいです。
 
自分と交友のある方々には秋葉原を日常的に利用している方も多く、
日記で出掛ける予定を書いている方もいらっしゃいますので
即座に
「今、誰が秋葉原にいるのか」
「その方たちは無事であるのか」
を把握しようとしました。
 
幸い…という言葉を使うのは心苦しい面があるのですが、
自分の知り合いに関しては、皆、無事で
その点に関してのみ安心することが出来ました。
 
----------
 
いつであろうと、どこであろうと、
決して起きてはいけない事件ではあるのですが、

・自身もよく利用する愛着のある場所であることからくる(他の場所で起きるよりも深い)やりきれなさ
・知り合いもよく訪れるので安否が心配されたこと、
・特殊な土地柄故に秋葉原そのものとよく利用する人々(オタク)が、こじつけとも言えるカタチで
 悪いイメージを持たれるような報道をされてしまうのではないか、という危惧
 
こういったものが渦巻いていました。
 
 
報道に関する危惧に対しての意見や
反応が過剰であることへの意見を
他の方の日記で読みましたが、
 
オタクの自覚がある方、日常的に秋葉原を利用する方においては
これら(自分が渦巻いていたもの)は自然な反応だと思います。
 
人間、やっぱり自分の好きなもの、関連の深いものには
たとえ同じような事件であっても強い感情を抱くものだと思うのです。
 
自己擁護のようですが、それは責められないんじゃないかな…。
 
----------
 
これを書いているのは11日(水)の16時過ぎなのですが、
少しずつ当日の様子、現在の様子が聞こえて来ています。
 
事件そのもの以外にも残念なことが数点あるんですが、
これはまた別の記事で書こうと思います。
■戦いの話
言いそうな話だし、考え方も「らしい」な、と思った。
んで、ためになる。
 
ところで、急にこれを書いたのはどういう心境なんだろう、と思って。
ちょっと心配。
 
 
■退会の話
まぁ、退会自体はそういうこともあるよね、と割り切るしかないんだけど。
某所で書いたコメントが追い討ちっぽくなって俺の後味が悪い(笑)
 
おおっぴらにした直後のやりとりでは、
もう割り切ってる感じだったので、
書き込み時点ではまさかアレが該当者とは思わなかったよ。
 
…いや、これ書いてる段階でも該当者なのかはわかんないんだけど、
まず間違いない…よな?
 
 
■年齢の話
巡回してる中では見かけなかったので、
公開範囲の設定内かメッセかで何かあったんだろう。
 
当然すべてを知っているワケではないけれど、
俺の知る限りではそういう言われ方をするような人じゃないので
ちょっと驚いた。
 
言われて、きちんと自戒してる辺りがすげーと思うし、
だからこそ言われたのが不思議なんだけどね…。
 
年代とか立ち位置が被るので
その振る舞いを感嘆しつつ見てた人なのよ。
ちょっと思うところあって某氏の過去日記をイッキ読み。
…こいつ、文面だけだとホント滅茶苦茶な部分多いなー(笑)
それでも(俺を含め)慕ってる人間があれだけ居るんだから、
大した人間力だと思うわ。
 
誕生日の人の日記を読んで感動した。
あの人に幸あれ、と思ったよ。
 
人さまの日記に他所のイザコザ持ち込むのはどうかと思う。
…俺に覚えがあるから書いてるんだけどさ(苦笑
仮に俺のとは別件だとしても、ね。
(直接聞いたら別件だったけどさ)
やっちゃいかんよ、それは。
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]