忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[498]  [492]  [491]  [489]  [488]  [490]  [487]  [486]  [485]  [484]  [481
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

声優の倉田雅世さんが倉嶋らむね名義で行なっている
プロの紙芝居師としての活動がある、というので
デックス東京ビーチお台場に観に行って来ました。
 
デックス東京ビーチお台場
http://www.odaiba-decks.com/
 
あぁ、懐かしい。
かつて「神田朱未のBitter Sweet Friday」公開生放送のために
月イチで半年間通った場所です。
 
デックス内には「台場一丁目商店街」というエリアがあって、
昭和の、下町の雰囲気を再現しているのですが、
この中のタワー広場という、
とっと通路が開けているところでの口演でした。
 
口演スケジュールの詳細は存じ上げないのですが、
渋谷画劇団(http://mankai.atgj.net/)という
紙芝居集団が、
不定期で口演を行なっているようです。
 
この日は14:00からと16:00からの2回口演だったのですが、
和泉は14:00からの回を観てきました。
 
 
以下、Twitterでのpostを抜粋して転載。
-----
 
紙芝居の会場に到着。
…既に一人、ノートPC開いた人がスタンバってる(笑)
………最前センターに座ってみた(←
(12:49)
 
お孫さんと来られてる方、
お子さんと来られてる方、
ご夫婦で来られてる方が続々と。
………え?
何?
聞こえない。
(13:49)
 
同業者は俺込みで4人…か?
(13:53)
 
お隣に座られている老夫婦(特に奥さま)が
非常に楽しみにしておいでの御様子。
……なんか、こういうの、いいな。
(13:55)
 
さて。
実況はここまで。
前節始まった。
(13:57)
 
終わった
(14:39)
 
倉嶋らむねさんはオリジナルの「モーリーとキッキー」、
ばあば(綴りは後で調べる)は「くわず女房」を披露。 
(14:42)
 
最前センターに座ったがために
御年77歳のばあばにいじられてリアクションに困ったで御座る(苦笑
(14:43)
 
最前に座ってたので、子供ががっつりのめり込んでたかわからなかった…。
でも、「モーリーとキッキー」は食い付き良いと思われる内容。
(14:49)
 
今日の紙芝居鑑賞でまたアタマをもたげてきた考えが幾つか。
(22:02)
 
物理的な手段の制限。その中での表現。幅。メリハリ(緩急、静騒、大小)。
空間(空気)の作り方。時代。対象年齢。対象年齢などない普遍性。
(22:05)
 
……こんな感じか。物語がシンプルな程、他の部分に思考が割かれる感じだな。
(22:08)
 
単純に「すげー!」ってのは、本当に凄いことなんだよね。
(22:08)

-----
転載ここまで。
 
 
紙芝居を観ての、そのものの感想がどうこうというよりは、
夜のpostのように「改めて考えるきっかけになった」と感じ。
 
やれることの少ない中で、
どういう風に幅を持たせるか。
 
紙芝居はそれがわかり易く問われるし、
声優さんがこれにトライしてるのは非常に興味深いな、と思った。
 
倉嶋らむねさんはオリジナルの話だったんだけど、
ああいう話を書けるなら、絵本だってイケると思う。
 
話は良かったし、
紙芝居を通じて考えさせられたし、
倉嶋さん御本人は可愛かったし、
笑顔で握手までして頂いたし、
客層とばあばとに感じることもあったし、
行ってみて良かった。
 
 

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]