忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第5話「みなみは過去の高校野球を捨てた」
 
夕紀の手術と、野球部の新たな幕開けを重ねるわけですね。
 
祐之助とみなみのリアクションが初心で笑った。
「お邪魔だった?」とやっておいてのみなみは特に(笑)
 
打たれるための、甲子園経験者ぞろぞろの大学と練習試合か。
…ところで、ノーボール・ノーバント作戦って、
塁上を賑わせていては結果的に球数も守備時間も変わらないから
堅守が必須だよね。
二人目の投手を育てることと、どっちが早くて確実かなぁ…。
微妙なところじゃない?
まぁ、前進守備を敷く、積極守備をする、結果としてのエラーには
「責任は監督が取る」っていう態度は重要だと思います。
 
ストライクとボールを見極める作戦なのに、
スクイズ警戒のウエストを打つって
どういうことなの、星出くんwwwww
 
 
みなみの父親は酷いなー。
偏見入ってるとは自分でも思うんだけど、
我が子に熱心に野球を教えるかつての野球少年には
このテの人間が多い気がする。
PR
第4話「みなみはイノベーションに取り組んだ」
 
練習試合では勝てるようになってきていて、
強豪校相手にも善戦か。
意外にサクッと成果出てきてるのね。
 
そして、その中で感じる停滞感。
 
「やるべきことをやるようになった」から、
「次のステップを求める」ということだと理解。
 
 
しかし二階くんはカッコイイねぇ。
ここでマネージャーに転身しようというのは
なかなか出来ないと思う。
 
 
みなみ、他部にモテ過ぎワロタ(笑)
監督に「3人目になりませんか」って言っちゃうのもそうだけど、
これがみなみの良いところ、すごいところだよね。
 
これを素直に伝えられる次郎ちゃんもカッコイイ。
 
 
高校野球界全体に…というフレーズで、
乾が2年の時の野洲高校を思い出した(※サッカー)
あれは衝撃的だったなぁ…。
 
加地監督は、憧れの人として蔦監督、木内監督の名前を挙げておいて
この体たらくは酷いなぁ…。
みなみにケツ叩かれなきゃ何もしてないでしょ、この人…。
「無難な監督」ですらなかったぞ…。
 
 
 
予告で二階くんが「モテモテ眼鏡男子」なる本を読んでたのには
噴いた(笑)
 
 
-----
 
 
「私とドラッカー」
長谷川滋利
 
素晴らしい人選だと思う。
「二流とは言わないけど決して超一流ではない」は
まさにその通りだよなー。
確かに、野茂、イチローとは別の意味で「先駆者」だわ。
第3話「みなみは人の強みを生かそうとした」
 
秋季大会敗退後から試験前までの一過性のやる気て…。
監督の「部活動は義務じゃない」も正しいけど、
お見舞い面接とやらで各人の気持ちは確認したんじゃなかったっけ?
いきなりズレとるやん。
あと、朽木が陸上部と兼部してることなんかも
確認してないのかよ…という話ですよ。
要は、仕事が雑だぜ、と。
 
内容改善のためのボイコット…って考え方は
甘えと紙一重だと思った。
少なくとも、話し合いの後に行われるべきことじゃないかな。
 
文乃にとっての夕紀が偶像過ぎて笑った(笑)
しかし加地監督の、他人に言われないと動かないっぷりよ…。
チーム分けと競争を取り入れた練習はイイと思います。
 
エラーに負い目を感じての、
祐之助の一連の行動は、まぁ、お話ではありがちだよねー。
浅野「俺は変わった(キリッ」カッコイイ(笑)
第2話「みなみはマーケティングに取り組んだ」
 
体罰を課して辞任に追い込まれた?先輩教師の件があるにせよ
加地監督は選手との距離を開き過ぎだろ。
これじゃ居なくても同じだ。
野球を知らなくても別の人の方がいいや。
まぁ、浅野の逃げっぷりも清々しいレベルだけど(笑)
交代させられたことを恨んでないというのが本当だとしても
それ以前の問題だしねぇ。
試合と合宿しか顔出さないってのはさ。
 
「優等生と呼ばれるのが嫌いで友達作りたくて野球部に」の
リアクションじゃねえな。
「え、あ、ハイ」は。
人見知りじゃなくて人と関わりたくない感じがする。
その意味でこのフレーズの読み方は凄く上手い。
 
お見舞い面接て…。
病人に負担掛けるなよなー。
 
監督の言葉って難しいかな?
野球やってて高校生なら理解出来るでしょ。
リトルリーグならともかくさ。
 
 
エラーして、次打者に四球の時点で誰かしらマウンドに行くべきだよなー。
せめてベンチから送れよ、と。
 
 
とりあえず、監督がよくわからんなー。
野球知ってて、野球好きで、野球部の監督やってて、
これは無いわー。
 
 
-----
 
 
「私とドラッカー」
上田惇生(後編)
 
本人とやり取りしたFAXの束凄いな。
もし感熱紙だったら、きちんと書き写して保存しとくべきだな。
正式タイトルは長すぎてカテゴリの文字数足りなかった。
 
 
-----
 
 
第1話「みなみは『マネジメント』と出会った」
 
「野球なんて文字も見たくない」のに
野球部のマネージャーになるなんて
みなみはどれだけ夕紀が好きなんだよ(笑)
 
「野球なんて文字も見たくない」のに
スコアブックつけられるんかい…と思ったら
リトルリーグでプレイしてたのね。
てことは、嫌いになる何かがあったってことか。
サヨナラヒットの直後くらいだろうか。
 
書店員は見ていた棚と服装とで気付けよ、と思う。
 
夕紀は、野球部の試合の日で居ても立っても居られないのはわかるけど、
麦わら帽子て。
それと、マネジメントを手にしたみなみを止めてください(笑)
 
普通の高校の普通の野球部みたいだけど、
監督がちゃんと野球知識ある人みたいだから
みなみのマネジメントって要らないじゃん、と思ってしまった。
普通に行けばむしろ邪魔だろ(笑)
 
まぁみなみも独特だけど(笑)
二階には言われたくないな、うん(笑)
 
 
-----
 
 
「私とドラッカー」
上田惇生(前編)
 
翻訳手がけてるわ本人と親交があったわ、って
いきなり凄い人来たな(笑)
ぶっちゃけ、もしドラを手にする人の中では知名度低いだろうし、
ドラッカーについて語るには本格派過ぎるので
もっと遅い回に登板させた方が良かったんじゃない?
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]