忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[746]  [730]  [731]  [742]  [743]  [728]  [739]  [727]  [741]  [726]  [740
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第6話「わすれてわすれないで」
 
「忘れてほしい」と「忘れないで」は、
言わば救済する手段の違いであって、
大事な人への想いという点で、
めんまにとっては変わりないものなんだと思う。
 
母親にとっては、忘れた方がよいだろうということであり、
超平和バスターズにとっては、
「忘れないで」=「誤魔化さないでハッキリ思い出して、向きあって」
引っ掛かりを残しながらバラバラになってしまった今を
変えてほしいということ。
 
 
根本は同じでも相手や状況により気の遣い方が違うというのは
じんたんとぽっぽとでも現れているよね。
ぽっぽにもめんまが見えていて、
じんたんにそうしているように
めんまが(無意識に)影響を与えていたら、
「成仏させてやりたい」と言っただろうか。
あるいは、ぽっぽには見えていなかったとしても、
めんまに対する強烈な想いがあった時に
(じんたんの場合は謝りたいという気持ち)
同じ言葉が出てくるだろうか。
 
 
 
めんまが超平和バスターズに与えている影響は、
間違いなくいいものだよね。
 
じんたんあなるを庇ったじんたんって、
不登校明けの高校生としては相当に滑稽だったけど、
その近藤の根本は、超平和バスターズの頃のじんたんだ。
これは、めんまの望む方向に変わってきている証左だと思う。
 
 
「あの日」は、めんまが皆を呼び出したのか。
…てことは、じんたんとゆきあつの自責の念は、
おそらく全然関係ないな。
 
入手出来てしまった日記で明らかになる流れだよねぇ…。
 
今のめんまに対しての、
じんたんの「自分のことを考えろ」は
あの日ブス呼ばわりされても笑っためんま、
今、母を想うめんまんに加えて、
あの日皆を呼び出すに至っためんまに連なりそうな感じ。
 
 
 
 
 
エッチスケッチワンタッチ(笑)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]