忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[424]  [450]  [425]  [443]  [419]  [418]  [437]  [422]  [441]  [414]  [413
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

その四十五「朝霧の中の剣士」

宿敵も持ち、剣の道に生きていた男に拓けた新しい人生の話。

武之進、すごくカッコ良かったわ~。


龍之介との仕合の最中、崖から落ちた武之進。
流れ着いた村で助けられ、
傷の回復を待ちながら村で過ごすうちに
村の、百姓の暮らしに魅せられる。

いつしか剣を鍬に持ち替え、
豊かな自然に身を置き、
土や水と共に生き、
作物という新たな生命を生み出す暮らし。

温かい村人にも恵まれ、
助けられた恩を、
子供に勉学を教えるなどして返しながら
生活に溶け込む。

自分を探し当てた宿敵、龍之介を前にしても
自分が見つけた新たな道について説き、
決して剣を持ち出さなかったのは、
強さの為せるものだと思う。

そりゃおつうも惚れるわ(笑)

そして、対峙した武之進から
彼が自分とは違う道を見つけたことを悟り、
それを認めた龍之介もまた立派だと思う。

無論、自分の道として剣の道に生きる龍之介を
送り出した武之進もまた立派。


素晴らしい回だったと思います。



おつう役で豊嶋真千子さん。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]