忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[254]  [257]  [250]  [247]  [252]  [246]  [245]  [253]  [237]  [244]  [249
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第6話「信じること」

風圧で転げるスズメに吹いたw

グンタールがコロニー落とし的なこと(笑)したのは、
ユメミを直接狙ってのものじゃないんだよな?
近づいたユメミに反発がどうの、って言ったムントの言葉も含めて
ちょっとこの辺がよくわからなかかった。
(油断して台詞をきっちり聞き取れなかったのもある)

とりあえず、
「グンタールは地上世界に危害を加えることによって
ユメミの『天上世界に行こう(救おう)』という意思を殺ごうとした」
…と解釈しておく。

ムントはムントで、前回感じ取ったユメミの記憶から(?)
その優しさでもって「来るな」とか言ってるけど、
ユメミは決意しちゃったからなぁ…。

追いついてきたイチコ、スズメと観覧車のカゴの上のユメミのシーンで、
スズメとカズヤくんの行動が引き金になったことをユメミが独白。
…この場面、イチコとスズメにもムントが見えてたみたいだ。
ユメミ以外の人間の可視/不可視の基準は何なんだろう。
3話や今回を見る限り、浮き島とかは距離だと思うんだけど、
天上人は…?

ムントへと飛び込み、その腕に抱えられるユメミ。
ここで発揮された(アクトの?)チカラはグンタールの想像以上のものだった模様。

…ところで、グンタールたちがムント(魔導国)を攻めるのは何でだろう?

ユメミとムントの初接触以前であれば
「貴重なアクトを無駄に浪費する魔導国を潰して天上界の寿命を延ばす」
という理由で理解できるんだけど、
ユメミという希望の光が見えてなお、魔導国を攻めるのがよくわからん。
この回の終盤で
「その娘、失ってはならんぞ」と
(聞こえてはいないけど)ムントに言ってるし…。
単純に利権的なものじゃないよなぁ。
後に判明する理由がそれだったらちょっとガッカリすると思う。
ムントとユメミを躍らせておいて、
上手く循環して世界が安定したところで君主として君臨しよう、って腹かしら?
いや、それだとここまでユメミとムントの接触を邪魔してた理由がわからんしなぁ…。

あ、グリドリは別ね。
ヤツは自己中心的な意識が理由だから。

「当面は」って感じで手を組んでたライカも
ムント側に付きそうな感じですね。
ガスがどうなっちゃうのかわからないけど、
彼と行動を共にしてその意図を感じ取った人間は
ムント側に付きそうな気がする。









で、「ムント様と呼べ」はどうしたよ?w

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]