忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[247]  [252]  [246]  [245]  [253]  [237]  [244]  [249]  [239]  [240]  [235
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

その十八「海道一のねぎくらべ」

アバンが第一話からのダイジェストな件。
転機となる回…なのかな?

海の神様、ウチのにきちがサーセンw

船頭の話もこれまでのフラッシュバックじゃん。
何か大きい転換があると思うよなぁ、これじゃ。

ちょw
品種による優劣争い自重www
こもも「言ってる場合か!」www
まさしくw

海の藻屑に…なっちゃったら話終わりだもんねえw
無人島漂流気。

こもも、楽器(三味線だよな?)を浜辺に置いてっちゃったな。
なんか気になる描写だ。

下仁田ねぎ(チカラ自慢)、仙台曲がりねぎ(器用自慢)、九条ねぎ(頭脳自慢)の
天丼、ちょっと面白かったw
そしてなかなかにイイ前振りですな。

持ち前のポジティヴさで、
自分以外の3人の良いところを自然とまとめあげるあさたろう。
そして、不得手を自分の得手で補い合うことを学んだ他の3人。

いい流れじゃないですかー。

最後、サメに追われる止め絵、長すぎだろ。
何かヘンな勘繰りしちまうぜ…。

しかも、あの終わりでありながら前後編でもないという…。
今回の、こももの三味線は?

なんかちょっと消化不良の感が残るわ…。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]