忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[773]  [752]  [769]  [751]  [770]  [758]  [771]  [749]  [750]  [756]  [772
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第10話「微熱」
 
日頃の頑張りが過ぎたようで、熱を出してしまう緒花。
 
彼女の「喜翆荘が、みんなが好き」という想いと、
同様に周囲が彼女に寄せている好意とが描かれた回。
 
 
「居なくても大丈夫」は両刃の剣なんだよねー。
 
去り際にTVつけていくなこち。
その行動で予想出来たけど、やはり家族多いのか。
 
徹さんの様子に少し妬いてしまっているみんちやら
緒花に対してのみんちのツンデレ(「無理だから」)やら、
「居なくても大丈夫」をフォローしようとするなこちの必死さと
それに押されて落ちそうなみんちの
普段と逆転してる様子やら、
それを見守る巴さんやら、
遅れてきて察した女将やら、
様子見に来る男性陣と、
部屋の様子を鑑みてそれを許さない巴さんと女将のオーラやら…。
 
ほんと、緒花、思われてるなぁ。
いいなぁ。
 
つか、徹さんがキケンなんだが…。
おとなしくみんちとくっついてくれよ(苦笑
 

熱にうなされる中で、
自分の価値や思いを問いかける相手である孝ちゃんに、
「帰ってこいよ」と言わせているのは
喜翆荘への想いの対比としてだけではない…と思うが、
おそらく緒花自身は無自覚なんだろうな。
 
 
 
ところで、次郎丸の小説で緒花が思い浮かべた
今よりも若い女将の映像に、
速攻で岩下志麻が照合されたのはあたいだけだろうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]