忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[765]  [790]  [789]  [788]  [784]  [781]  [783]  [761]  [763]  [780]  [762
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第22話「クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る」
 
クリスマスの仮装パーティ。
ゾフィとセシルが一弥とヴィクトリカに当てがってくれたのは
2人の立場をそのまま表したかのような、
お伽話「モンストル・シャルマン」のものだった。
 
 
戦争に向けて大きく動き出そうとするソビュール、
その中でヴィクトリカを手に入れんとする国王。
 
かつて聞いた予言の示す「2人を分かつ大きな風」は戦争のことなのね。
 
…ヴィクトリカがオカルト省の手に渡ることを懸念してるけど、
オカルト省って反戦争みたいなこと言ってたっけ?
この辺、ちょっとぼやけてるな。
 
 
 
「モンストル・シャルマン」が、
怪物たる少女とその心臓である兎の話なのはわかったけど、
話の、その先…少女と兎が何をしたのかが、
ヴィクトリカを巡る話のポイントだよね。
 
お伽話をなぞるにしろ、覆すにしろ。
 
あとは、現在のところ一弥をだしにしてヴィクトリカを従わせているグレヴィールが、
どう動くか。
どこかで、父(国王)の非人道的なところに背くよねぇ、これ。
 
 
アブリルは、最初からノーチャンスだし、
惚れるさまも敗戦がダメージになる感じも弱かったし、
いろんな意味で可哀想だったな。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]