忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[63]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

▼WBA世界フライ級タイトルマッチ
王者:坂田健史vs挑戦者:久高寛之
 
坂田の前に出る力(精神力含む)とスタミナは凄いね。
12Rを除くすべてのRで、
開始のゴングと同時に相手に駆け寄ってたし、
打たれても打たれても前へ出る足と手が止まらない。
 
久高は距離とってカウンターを合わせて…だったんだろうけど、
後半型の王者がいよいよエンジンかかってきて、
そのスタイルが保てないとなるや、
見切りをつけて9Rから足を止めて打ち合ったのは熱かったな~。
 
で、最後判定を待つ間にトレーナーに
「楽しかったです」って言ってたのが凄い。
 
殴り合いとかトンデモなことしてるけど、
根本にスポーツマンの精神が流れてるんだなぁ、と思いました。
 
判定が王者なのに異論は無いでしょう。
 
防衛した坂田の
「内藤選手が注目されますが…」というコメント、良かったよw


 
 
▼WBC世界フライ級タイトルマッチ
王者:内藤大助vs挑戦者:清水智信
 
いつ観ても
「内藤の拳を相手の額に置くかのような動作は反則じゃないのか?」と
思ってしまう。
 
変則的な王者に対して、
出足のところ、あるいは打ち終わりのところで
無駄のない動きであわせてた挑戦者が
4R終了時点で判定が優勢だったのには納得。
 
そこから王者の回転が上がっていったので、
8R終了時点でなお挑戦者優勢(しかも差が開いた)なのには
ちょっと驚いた。
 
しかし、セコンドが8R辺りで指示した通りの倒し方でしたね。
(左(自分から見て右)に流れる挑戦者を左フックで追い込んで右フックを合わせろ)
清水がダウンした後のラッシュは流石王者、という試合の決め方だったと想います。
 
…清水、惜しかったねぇ。
 
 
 
 
4選手ともお疲れさまでした。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]