忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[512]  [511]  [514]  [508]  [506]  [507]  [505]  [504]  [503]  [502]  [501
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第2話「あか、煌々と」
 
ざくろがよく観るらしい、柿の木に登る夢は
後々鍵になってきたりするのかしらね。
その場に薄蛍も居る、というのが興味深い。
 
軍人だからというのもあるだろうし、
根本的にそういう人間なんだろうけど、
妖人について勉強してる総角の姿勢は好ましい。
 
利剱は薄蛍(たち)が見せた能力に興味を抱いてるし、
丸竜は早くも雪洞と鬼灯を見分けてるしで、
陸軍も「そういう素養」をきちんと考慮してることが伺える。
 
半妖の面々にとっても、ざくろが特別であることが少し見えた。
地脈の乱れを感じる能力、直接言及した薄蛍。
人間との関係もだけど、半妖同士、あるいは半妖と妖人との関係も
今後丁寧に描いてくれると嬉しいなぁ。
 
文明開化の世の中で、妖人省に依頼をしてきたホテルのオーナー。
典型的な西洋かぶれの嫌なヤツで良かった(笑)
 
花楯中尉、超カッコイイ!
そらさくろも頬を染めるわ(笑)
人当たり、判断力、決断力。
素晴らしいですなぁ。
妖人省に派遣された3人を導く役割かな…。
 
 
 
総角がヘタレを見せてからの、ざくろのツンぶりは良い!(笑)
「私と2人の方が怖いわよ」は吹いた(笑)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]