忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[145]  [142]  [146]  [147]  [144]  [141]  [140]  [138]  [139]  [137]  [136
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

山本高弘ものまね続行宣言キター!!
http://npn.co.jp/article/detail/56750559/

山本高弘にフジテレビのお墨付きが「キターーーッ!」
http://www.zakzak.co.jp/gei/200812/g2008120301_all.html


織田裕二側が「モノマネでイメージ壊される」と感じる、気分を害するのは
すごくよくわかるんだけど、
民放各局に対してこそっと通達するやり方を選んだのは
誰がどう見ても失敗だったと思う。

まず第一に。
ゴシップ誌の記者に私生活を追われてる、というようなワケではないんだから、
「自分がネタにされるような位置にいることの証」として
モノマネを黙認、
あるいは何かしらの番組で競演してさわやかに
「これからもどんどんネタにしてください」くらいのことを言ってのけるのが
いちばんカッコイイと思う。

しかしまぁ、我慢ならなくて止めさせる方向に動いたんだろう。
それはしょうがない。

ただ、それならそれでもっと自分がいいように見えるやり方があっただろうに。

○自身の番組があればそこでさり気なく「ちょっと止めてもらいたいよね」と言う。
○何かしらの番組で競演して、
1)カメラの前で「困ってる」体を装いながら止めるように軽く言う
2)カメラの回ってないところで本人に直接言う
○山本高弘の所属事務所に直接通達する

これらのやり方なら、
本人が嫌がってることが視聴者にも伝わるか
山本高弘に直接意思表示できるかするので
「解決に正面切って臨む」というすがすがしさが残ったと思うのよね。

でも、今回のような外堀から埋めていくやり方だと
芸能界での力関係で潰しに掛かかってるようなイメージしか持てない。

一応、「さわやか」で「熱血」なのが売りなのであれば、
そのイメージの範囲内で解決に当たる方が
間違いなかったんじゃないかなー、と。



何が言いたいか、って言うと
「ぷwww
織田裕二カッコ悪www
山本高弘どんどんやれwww」
ってことです。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]