忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[154]  [145]  [142]  [146]  [147]  [144]  [141]  [140]  [138]  [139]  [137
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■準々決勝(1)
ピーター・アーツvsバダ・ハリ

正直、アーツはもう、ねえ…。
パンチやキックは重いかも知れないけど、
それ以上にカラダが重いでしょ。
キレもスピードも皆無。
プレッシャーのかけ方等で誤魔化しきれるもんじゃないでしょ、K-1は。

WINNER:バダ・ハリ(2R/レフェリー・ストップ)


■準々決勝(2)
エロール・ジマーマンvsエヴァルトン・テイシェイラ

両者とも初見。
ジマーマンはグラウベ・フェイトーザに勝っていて、
テイシェイラは現・極真流空手世界王者とのこと。
特にテイシェイラはパンチのまとめ方にちょっとぎこちない感もあったけど
互いにタフでなかなかいい試合でした。
ジマーマンはFC東京の長友佑都に似ている
(下から見上げた角度だと特に)

WINNER:エロール・ジマーマン(判定2-0)


■準々決勝(3)
ルスラン・カラエフvsグーカン・サキ

サキは初見。
レイ・セフォーに勝ってるんですか。
スピード対決みたいな煽り文句だったけど、
サキは(あるのか知らんけど)スピードを前面に出す気配が微塵もなく、
重そうなローキックを当てながらタイミングを見ては細かくまとめてましたね。
地味にカラエフが判定勝ちになるかな、と思ってたら…。
カラエフは、サキがバックハンドブローを持ってるなんで
まったく知らなかったんだろうなぁ。

WINNER:グーカン・サキ(判定3-0)


■準々決勝(4)
ジェロム・レ・バンナvsレミー・ボンヤスキー

先にボンヤスキーが出て行くとは!
バンナは行けなかったんだろうな…。
そう考えると、相対的にボンヤスキーが良かった、となるワケだが…。
ケガはしょうがないですな。

WINNER:レミー・ボンヤスキー(3R/ドクター・ストップ)


■リザーブマッチ(2)
ポール・スロヴィンスキーvsメルヴィン・ヌマーク

両者とも初見。
ヌマークのフック、かなりの大振りなのに簡単に当たっちゃってたなー。

WINNER:メルヴィン・ヌマーク(1R/KO)


■準決勝(1)
バダ・ハリvsエロール・ジマーマン

慎重なのか?
バダ・ハリが意外に蹴りを多く使ってる印象。
ダウン奪われたラウンドにダウンを奪い返す辺りに
現在の能力差と、バダ・ハリのメンタル面での強さを見た気がしたのだが…。
少なくとも、能力差は決着の仕方にも出たよね。

WINNER:バダ・ハリ(3R/KO)


■準決勝(2)
グーカン・サキvsレミー・ボンヤスキー

サキは最小・最軽量なんだっけ?
ボンヤスキー相手に入っていくのか距離を取るのがいいのか、
全然掴めないまま試合が進んでいった感じだな。
ジャンピング・ミドルって珍しいw

WINNER:レミー・ボンヤスキー(2R/KO)


■決勝
バダ・ハリvsレミー・ボンヤスキー

ゲストで実況席に来てた魔裟斗の口調と発言内容がすべてじゃないですかね。
イエローがレッドになったのはよくわからんけど
(回復のための5分間でバダ・ハリがまた何かしたの?)
反則負けは妥当。

WINNER:レミー・ボンヤスキー(2R/反則勝ち)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]