忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[638]  [645]  [641]  [652]  [651]  [650]  [647]  [635]  [636]  [634]  [644
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第十話「オトナの儀式」
 
オニキスの婚約者を名乗るサフィなるブルードラゴンが現れ、
ローズの意識を引っ掻き回した話でした。
 
いちばん笑ったのは、戸倉の「おろしたての白衣」。
 
 
 
何で竜司、ローズ、英理子、アイ、実咲でバーベキューなんだろう。
車に武器積みっ放しって…。
そりゃ実咲にバレるよね、隠す気無いし。
ローズ一人で学校に行かせるなんて有り得ない…。
敵の言う事をそのまま実行してしまう神経。
変化を見せたローズに対しての根拠なき楽観。
 
パーティのシーン、
イシズさんて人及び戸倉、ビアンカを会話をしてる時の
音響が物凄く不自然だった。
 
秘書(を通じてのオニキス)の言うことは聞かないし
色んな意味で背伸びしたがりのサフィが
「そういう」キャラなのはわかるけど、
にも関わらず、彼女の登場シーンで殆ど笑えなかった。
 
 
一応、ローズが人間で言う思春期の女の子みたいな
感受性を持ったことで、
竜司との関係に何かしらの変化が生まれるだろうから
今後はそこも楽しみましょうね
…ってことなんだろうけど、
竜司の方がそこに追いついてないのはどうするんだろう。
(実咲への接し方を見ればその段階にあるとはとても言えないでしょう)
 
 
 
 
竜司、英理子、ローズの3人で、
いちばん真剣に物事を考えてるのはローズだと思う。
 
竜司の「ドラゴンだと他人に知られてはいけない」を
頑なに守ろうとするのは
純粋さ故で「考えている」のとは別物なんだろうけど。

ドラゴン、ロスット・プレシャス、ソサエティ、
各種機密(であろう)情報の管理、
自身の立場の認識とそれに見合った行動…。

竜司と英理子があまりにもこれらに関して
おバカさんなので、
ローズがいちばんマトモに見えてしまうんだよね。 
 
 
 
チバテレビで3月14日に飛んだのが同20日に放送された分。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]