忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[672]  [637]  [638]  [645]  [641]  [652]  [651]  [650]  [647]  [635]  [636
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第11話「ゲット・レディ」
 
シリアスに作戦行動(ただし箒が誰の目にも浮かれている)→
「護る」強さを感じさせる一夏→
作戦失敗→
落ち込む箒→
焚きつけた上に共に(そして勝手に)出撃する4人
 
ふむ。
なかなかアツい流れで良かったと思います。
 
 
ただ、箒の描写についてはちょっとどうかな、と思った。
 
浮かれていたのは、赤椿を手に入れたことは勿論あるけど、
一夏と作戦行動を取れることもあったと思うんだよね。
作戦開始時の、いつもの調子のやり取りがその証左。
んで、にも関わらず、 
密漁船を護った一夏に対して
チカラの在り方を自問するだけってのはなぁ。
まずもって作戦である以上、箒の判断は間違ってない。
だから、チカラ(暴力)を振り回したわけでは決して無い。
「護る」ということにおいて、
一夏のような考え方もある、というだけの話なんだよね。
そこを思い詰めることに終始してしまって、
「一夏の判断を見て隙を作ってしまったことで
 結果、大切な一夏に怪我を負わせてしまった」ことを
悔いる部分が皆無ってのは、
ヒロインとして問題なんじゃないかなぁ…。
 
 
 
あとは、細かいこと言えば
本部は何してるの?馬鹿なの?とか、
山田先生も休めよとか
教師連中が補足出来てない敵を補足してるラウラwwwとか、
箒たちが敵と向かい合って一撃入れるまで
勝手に出撃してたことに気づいてない教師連中のザルぶり
…といった感じでしょうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]