忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第20話「姉妹」

団体戦の労を労うという名目での水着サービスと
それに乗せて(主に龍門渕の)「繋がり」の描写でしたね。

龍門渕の1年前の話は
エピソードや呼び方、振舞い方が
「今も変わらない部分」と
「1年前の繋がり方の部分」とが
非常に上手く出ていて良かったなー。

終盤、初代のEDテーマが流れてきて
「これで最終回でも良くね?」と思ってしまったのは、
その展開も去ることながら
「あと6話でどうやって決着つけるんだろ」という心配によるものも
大きい。

咲の姉ちゃん、妹の存在否定しちゃってるよー。
どうすんの、これ。
PR
第19話「友達」

アバン重いなw
違うアニメかと思ったw

元より友達がいなかったからか、
透華の純粋な優しさも「麻雀ありき」でしか
捉えられなかったのな、衣は。

咲の「一緒に楽しもう」が衣を解き放って、
剥き身の衣を龍門渕の4人が包み込んであげた感じかな。

頑張って泣かずに去った華菜と、
そんな華菜を対決室前まで迎えにくる風越と、
そこで居合わせた部長に挨拶する美穂子。

桃×ゆみを見守る鶴賀の3人。

それぞれに良い描写でした。


麻雀場面。

勿論、可能性は常に見て打たないといけないけどさ、
どいつもこいつも役満が前提で笑ったw

…でも、「生まれ変われるかも知れない」とまで言って
せっかく覚醒した衣を相手に、
その次の瞬間、咲が引っくり返したのは
ちょっと勿体無いような気もするなー。
第18話「繋がり」

東京のスパでだじぇの水着。
需要は、あるとこにはあると思うよ?

和の台詞を待つまでもなく、
こいつら(だじぇ、他)の緊張感のなさは
ツッコミさせて頂きたいw

華菜とゆみの過去(ってほどでもないけど)話が
単なるガチ百合で吹いたwww
特に華菜の方は(いい意味で)酷いぞ、あれwww
下の名前で呼ぶだの、毎日一緒に帰るだのw
美穂子「同級生のお友達ができないの。ウザがられて」
は、腹痛えwww

咆哮するやら、自摸を急かすやら、
華菜、酷いですねw

ところで、咲の差し込みの辺りから
「衣の『場の支配力』はどうなってるんだろ?」と
思ってたんだけど、
「合宿の時の感じじゃない」つまりは、本調子ではない
咲によって、その力は及んでなかったみたいね。

衣が折ったハズのココロがまだ繋ぎとめられていたのは
華菜なら美穂子と(風越の他の部員)の 
ゆみなら桃子と(鶴賀の他の部員)の
「繋がり」だった、というのは
衣のモノローグ、華菜、ゆみそれぞれの描写、
サブタイトルとの絡みが抜群だと思う。

裸足になることを申告した咲のモノローグが
CMの最新6巻と被ってて吹いたwww
…て、コトは、もうここで原作に追いついてしまったのよね?

咲の安和了りでもって、場は南3局。
すでに衣の親も流れてる。
どうやってクライマックスの盛り上がり作るのかな。
衣も「打たされている」ことを理解したし、
まさか、このまま咲がまくりまくるだけで終わるワケはなかろう。

大将戦全般、テンポ落ちてるけど
(全体の尺やら原作の進行速度やらを考えれば当然だけどね)
槓3連発からの和了り…といった
「ここ」という場面での畳みかけるような流れは健在ですね。
観てて気持ちいい。

衣の支配は荒牌には及んでなかったのね。
…大将戦の最初の方で、及んでなかったか?
咲「それ、私の---」

衣に問われ、勝利を諦めてないことを告げるのに
軽い身の上話を添える咲。
その意味がわかんないんだけど(笑)
家族の話とか出て
咲「陽」、衣「陰」の構図がハッキリしたように思う。
たぶん、来週以降で衣の暗い過去話があるでせう。

第17話「悪夢」

副将戦終了時って団子状態じゃなかったっけ?
そこから半荘だけで2位(清澄/咲)に
2万7000点差って、衣、圧倒的過ぎる(笑)

咲、お手洗い行くのに別に宣言しなくても宜しい(笑)

愛し合う者同士ならわかるよなー。
京ちゃんは連れないよなー。
負けるな、だじぇ。

そんな回想(約束)があってもそこは行くべきだろ、美穂子。
そして行ったー!
公衆の面前でしっかと抱きかかえております(笑)
「ただ一緒に居るだけ」
さすがは美穂子だ(笑)
でも、ここで華菜に具体的なことはおろか
精神的なことの一つも言えなかった、ってのは
もう、負けを受け入れてるのと同義だと思う。
抱きかかえたのは「1人で背負わないで」ってことでしょ。
「チームとして負けたんだから」ってことでしょ。

桃×ゆみもいいねぇ。

藤田プロ、大会中だし、それも試合中のいち選手に
個人的に接触しちゃっていいのかよ(笑)

咲、迷子かよwww
緊張感あるのか無いのかわからねえwww

華菜は、この状況で
「自分から行かなきゃ」「自分の麻雀しなきゃ」って
思い直しただけでも評価に値すると思う。

藤田プロが衣に要った「打たされてる」は
もしかして、咲に、か…?

咲が追い上げる前にこのままじゃ華菜が飛ぶぞ、と思ったら
ジャスト0かよ!
しかも役を落としてそこに調整って…。
すごいいたぶり方するな、衣。

…と思ったら。

咲が槓連発して華菜に差し込んだ!
うおおおお!
これは凄いなー。

和泉さん、麻雀打てるし好きだけど
そこまで深く考えないで打ってるんで、
こういう展開はまったく予想だにしてなかったですよ。 
第16話「結託」

うわー、咲が迷ってる。
そりゃ搶槓とかされりゃ迷うか。
ここで咲を迷わせる、止めるというだけでも
ゆみはいい戦い方だよね。

「乏しいな、欠乏したよ」by衣
えー、ここまで嶺上開花2連発と搶槓だぜ?
それでもこの場にガッカリしてんのかよw

咲、ブルってトイレの心配w

華菜と衣、トラッシュトークすんなw

衣は相手のツモまで含めて場を支配するのね。
ラスト1巡でツモ切りリーチ!?
で、海底撈月とか、もう滅茶苦茶だwww

流れを変えることに腐心するゆみ。
昨年の経験から「自分の和了りを優先すべき」と動き、
そして凡ミスした華菜。
…うーん、これは凡ミス「させられた」と見るべきだよな。
で、たぶん、この卓の4人で、華菜だけが凡人だわ。
可哀相だけれども。

咲が諦めモードになってるなー。
「テンパイできることもあるんだ」とか
「勝てるわけないよ」って、おいw
戦えよwww

そして、咲が諦め気味の流れから
EDの歌いだしが♪諦めたら終わり~…で吹いたwww
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]