忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[467]  [442]  [440]  [438]  [446]  [439]  [445]  [435]  [434]  [433]  [432
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第十二話「土と埃にまみれます」

○試合じゃない部分
そわそわしてる父。
説得する三郎くん。
わざとらしいにも程がある母(笑)
…みんな、ほんと小梅大好きなのな。

そわそわしてる合唱部の子たち。
窓の外で桜花会が努力してたのを観てたんだもんね。
部活ぶっちぎって応援に行くさまに感動した。
ツンのままだけど(笑)最終的には応援に回る副校長もいいね(笑)


○試合の部分
球種がわかれば、特に真っ直ぐなんて
全国レベルの男子からすれば打ち頃だよねぇ。
捕まり始める晶子さん。

球種バレしてるのが判明してもどっしりのアンナ先生。
いい監督だ。

晶子さん、岩崎相手にはムキになって真っ直ぐ投げてたね。

雪、超ファインプレイでた!!!!!!
そしてその代償に負傷…。
しかし審判のもっともな提案(試合放棄)をはねのける情熱…!
雪は、メンバー集めに早々に食いついたり
ユニフォームを用意するなど積極的に関わってたにも関わらず
ずーっとおっとりさんの印象で来たんだけど
(声が能登だしなw)
ここに来て野球に対する熱さを語らせるとは…。
いいですなぁ。

3-9になってから、OP(のカラオケ)が流れる中での反撃が痛快!
足を生かして出塁する胡蝶、
右手首の負傷にも関わらず続いた雪、
連打した環。
最高のタイミングで巴を初めてけしかけた静と、
それに応えて満塁本塁打を打巴、
紀子がクセが見抜かれてることに気付いたのは
「ベンチまで含めて戦っている」ということだし、
それを逆手に取る乃枝のアイデア。
中継プレイで本塁突入を刺すやら
雪・環のアライバが炸裂するやらは
野球のレベルの高さを表してるもんなー。
見応え十分。
きちんと全力プレイで応えた朝香の連中も
さわやかで男らしいよね。
晶子さん相手に歩かせる選択肢を持たない岩崎と
それを理解していたキャッチャーなんかは熱くもある。
後続打者を見て「行くしかない」という判断で
晶子さんのスリーバント(!)の隙を突いて
2塁から本塁を突こうとした小梅。
タイミングはセーフだっただけに惜しかったね…。

勝ち負けじゃなくて、本当に全力を出した感が
観ていて気持ち良かったです。



ラスト、三郎くんとのシーンはとってつけた感あるけど(笑)
いい最終回でした!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]