忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第38話「夢を掴む力」
 
先週との前後編、後編だね。
 
 
マーベラスに庇われたことで、
「守る」ことの意味を再度考えるガイ。
同調する他のメンバー。
 
自身への問いかけを、
メンバーを庇ったあとも続けたマーベラス。
アカレッドの姿を借りて、その答えにたどり着く。
 
「守る」ということから「仲間」である自覚を強めるジョー。
自分とマーベラスたちとの繋がり、
バリゾーグとワルズ・ギルとの繋がりを比べ、
自分たちの繋がりを強さに変え、バリゾーグに打ち勝つ。
(これは同時に、シド先輩の魂を救うことになる)
 
怒りに燃えるワルズ・ギルを、
絆の強さ、確かさを共通のものとして手にしたゴーカイジャーが倒す。
 
 
 
各所(特にジョー)にアツい演出もあり、
非常に良かった。
 
ダマラスが、実はワルズ・ギルを守りたがっていたのも良かったなぁ。
これ、次週以降に絡んできそうだよね。
PR
第37話「最強の決戦機」
 
マーベラスが考える「守る」ということ。
それは、ガイの言う現状とは異なるが
自分の中でも結論は出ていない。
 
偉大なる父・ザンギャックを持つワルズ・ギル。
周囲の視線、孤独、悲哀。
 
考えこむマーベラスを察するジョー。
 
その忠義をもって、ワルズ・ギルを完全な孤独から繋ぎ止めているバリゾーグ。
 
 
表面に出ていないだけでずっとそれぞれが抱え込んでいたものが、
ワルズ・ギルのもとに届けられた「グレートワルズ」によって
浮かび上がり、作用しあう。
 
かなり良かったなぁ。
 
結果として
「ザンギャックの手から地球の平和を維持しているゴーカイジャー」
という構図の中で主役を張る男たちのドラマ。
 
 
 
「その巨大な戦力ゆえに、
 最終的にはすべての戦いに勝利してきたザンギャック」
というのが、もう少し重く伝わってきたら
なお良かったと思う。
 
ところで、ガレオンバスターは
マーベラスの代わりにガイが入っても撃てるのね。
第36話「相棒カイゾク」
 
ゴーオン回後編。
 
ザンギャックは、ガイアークの存在を認識してないんだな。
これ、潰し合いやっててゴーカイジャーが戻るまでは
地球の平和には重大な問題が起きないパターンだな…と思ったら
案の定だった(笑)
インサーンがゴーカイジャーとガイアークを戦わせて
互いに削らせようとしていたけど、
これが正解だよねー。
 
ヒューマンワールドへの帰路が閉ざされた中、
「マシンワールドに行ってマッハルコンに助けを借りよう」という
ハカセのアイデアで、
スピードルとベアールの不良息子(笑)の元へ。
走輔の泣き落としと、逃げと断定して突き放すマーベラスの対比が良い。
 
まとめとしては、
マッハルコンを口説き落とし、
ヒューマンワールドに戻れるわ
ゴーオンジャーの大いなる力を手に入れるわ、でした。
 
ゴーオンジャーにゴーカイチェンジした時のガイが、
ゴールドとシルバーのハーフで噴いた(笑)
第35話「次元ノムコウ」
 
ゴーオン回来たーっ!!
 
 
ガンマンワールドで暴れているガイアークの残党。
倒さんと乗り込むも力を奪われてしまった炎神。
そこでボンパーが走輔に助けを求めに来た、と。
 
一も二もなく助けに行かんとする走輔と、
「理由がない」と動こうとしないゴーカイジャー。
この対比から、元ヒーローの一途さでゴーカイジャーの心が動くのは
このシリーズのパターンだね。
 
ちょwww
スピードルとベアール、結婚したんかwww
そらオトコとオンナやけどもwww
しかも息子はグレてるしwww
 
「一対一の」決闘を申し込む、チラカシズキー(ガイアーク)。
まぁ、ぶっちぎるのもそれを読んでるのもお約束。
 
ガイアーク二代目大統領が
次元の亀裂を封じてゴーカイジャーをガンマンワールドに閉じ込めたのは
妙手だねぇ。
 
ゴーオン回が前後編でちょっと嬉しいわ。
 
 
 
 
ところで、走輔、ちょっと太った?
第34話「夢を叶えて」
 
行動隊長・ヴァンナインの変身能力を生かして
ガレオンを内部から破壊、ゴーカイジャー殲滅を目論むザンギャックの
作戦と、
ヴァンナインに「なりすまされた」流れから
ルカの過去、動機を描いた回。
 
 
ルカの幼なじみで宇宙実業家のカインが面白かったわー(笑)
あの生い立ちで、この喋り方に落ち着けるのは凄い。
金は人を変えるな(笑)
そして「今の笑顔は買えないね(ニコッ」www
 
冒頭の金で退散させる小芝居と、
途中のブロッコリーの小芝居、良かった。
 
 
思うに。
ルカは、仮に現在ゴーカイジャーじゃなかったとしても、
カインの申し出は受けなかったと思うんだよね。
彼女の場合、もちろん不幸な子供を救うという結果は大事なんだけど、
それを「自らの手で掴む」ことが、アイデンティティだと思う。

 
 

個人的に、「カイン」て名前が既に面白いのよー。
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]