忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[26]  [232]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本日記から来ちゃった…否、来てくれた方へ。
「引き返すなら今だよ。空白作るから、自己判断でね」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
本日、和泉父の姉が和泉宅に来まして、
玄関先で和泉母としばらくやりあってました。
 
話題は和泉祖母(父方)について。
 
2ヶ月ちょっと前に「もう危ないかも」という状況で入院した和泉祖母は
波はあるんだろうけど小康状態に近い感じで現在も存命です。
 
んで、そんな和泉祖母に対して、
子供としては
見舞いのタイミングやら
入院費用の捻出やら
子供として出来ることは何かという話やらがあるワケなんですが。
 
6歳の時に1人をそのように認識して以降、
順に認識していったんですが、
父方の兄弟が…7人かな?
揃いも揃ってクズばっかりなんですよ。
 
入院するまで同居していた長兄に入院後も丸投げしてたり、
見舞いに行くより先に入院費用の割り振りをどうするかという話を
長兄に持ちかけようとしてたり、
そういう態度の馬鹿どもに対して心を閉ざしたのかしらんけど
長兄が、和泉祖母の入院先の病院が変わったことを
1~2週間?兄弟の誰にも教えていなかったり…。
 
もうね、お前らアホかと。
 
「そんなのおかしいでしょ、何なんですか、貴方たちは!
 お婆ちゃんがかわいそうでしょ!」
ってキレてるのが和泉母という…。
(ちなみに、和泉父はこうい時に思っていることを何も言わない人間です。
 それを見た反動で…かどうかは知らんけど…和泉彼方が
 いろんなとこにクビ突っ込んで意見言う人間になったのはまた別のお話)

正直な話、人間的な繋がりが薄いこともあって、祖母に思い入れがまったく無く
「1人の人間が亡くなる」こと以上の感慨を持てないんですよ、俺は。
 
だけど、この2ヶ月、いつ「その時」が来てもきちんと送り出せるように
カラダが空いてる曜日を埋めることをせず
(具体的に言うと、火曜、水曜、木曜に新しいバイトを探さないで)
俺の出来る範囲で、祖母の「その時」を第一に考えて過ごしてたんですが…。
 
産んでももらって、育ててもらったお前らがそれか、と。
 
 
 
父方の兄弟がクズの集まり、というのは
6歳の時にわかっていたんですけど、
てめえの親の「その時」が迫ってる段になって尚、襟を正せないでいるとは…。
  
 
 
ナンダカンダ言って、祖母が間も無く亡くなるのは間違いないでしょう。
葬儀には出席します。
 
父方の親類と顔を合わせるのはそれを最後にしたいです。
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]