忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[189]  [188]  [186]  [185]  [184]  [183]  [181]  [180]  [182]  [179]  [178
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第1話「知ること」

…これ、もいもいにとって「単なる初主演作品」じゃなくて
10年後、ヲタク始めましたみたいな人にも通じる「代表作」になるんじゃなかろーか。


世界観、舞台設定、キャラクタの大まかな相互関係、
(表層上の)物語が目指す場…といったものを提示する回でした。
第1話ですし、当たり前ですね。

大雑把に言うと「世界の死」に刃向かう男とそれに巻き込まれる女の子の話。

世界を保つために必要な力・アクトを著しく消費する魔導国を
「天上界存続のために」という大義のもとに滅ぼさんとする連合国軍。

それに抗いながら、且つ、天上界で枯渇したアクトを求め
リュエリの予見から見えた未来を信じて道を拓かんとする魔導国王・ムント。

地上界に居ながらにして
(それとは知らず)天上界が見えてしまっている少女・ユメミ。


現実世界に居る人間が(未遂に終わったけど)異世界に巻き込まれる様を描く様子は
オーソドックスではあるけれど、非常に丁寧に描かれていたと思う。

(地上から見た)空、水溜りに映る空、窓の外の(太陽)光など、
とにかく地上界における「光」と「白」がとても印象的に描かれていて、
全体的に淡い色使いにも関わらず目を惹かれた。

予見者・リュエリの弟子であるトーチェも
展開が深まるに従ってリュエリに代わって絡んできそうな感じ。

ガスと戦りあっていたライカが負傷を癒してキッ、と構えた時のカットと
ラスト、カズヤくんが振り返った時のカットが
構図同じで顔も似てたと思うんだけど、
これって、例えば地上界と天上界との間に
生まれ変わりとか、天上界から堕ちて地上界に奇跡的に適合したとか
そういうのあるかなぁ。


わー、次回が楽しみです。




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]