忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第4話「求めること」

第3話でのムントとユメミの接触(邂逅?)を受けての
天上世界の変化と現状を確認、
視聴者が状況を把握するための回ですね。

ユメミのモノローグから、「あの時」からおよそ2年後であることが判明。
天上界は、その間(ずっとなのかはわからないけれど)戦争状態のようですね。


グンタールの説明台詞と
戦争やってるみたいな病者から拾ってみるに、

世界はアクトの循環によってのみ均衡を保てるが
現在は『あの時』地上世界からもたらされたアクトが
天上世界を満たしてはいるものの、
循環しているワケではなく、
また、枯渇していたアクトが不意に満たされたという事実に
天上世界の各国が戸惑い、「力」を持て余し、あるいは畏れ、
いずれにせよ均衡とは程遠い

……というような状況か。


戦争しているのは…急に「力」が目の前に現れたことで
それを手にして世界を---みたいな野心家が出てきたこと以外にも
理由があると思うんだけど、それがまだよくわからんなぁ。


野心家がポコポコ出てきたところで連合国軍が叩けば済むと思うんだけど
ムントと淡い水色の髪の男(名前ちゃんと確認できなかった…)に
ライカが(当面の)共闘を持ちかけたことからもわかるように、
どうも連合国軍も一枚岩ではない模様。
で、「なにか理由がある」と勘繰ってます。


アクトの力があることで能力が最大限使える(?)魔導国を畏れている
…というような単純なものではないと思うんだけど。

しかし、ムントは一国の王としては優しすぎるかもね。
流れ込んできたユメミの記憶によって、
単純に「力」としてユメミを利用することに躊躇を覚えている。
(「危うい」と言ってたから「力として使うにはリスクが伴う」と判断してるようにも見えるけど、
それにしては、リスクを排除するように動いてるような描写が皆無だった。
戦時下とはいえ、未来がかかってるんだから
(2年もの間)何も動いてないハズが無いと思うのよね)

おそらく、ガスとムントが描いてる(描きたいと思ってる)未来が
天上世界にとっても地上世界にとってもいいものなんだろうけど、
とんでもなく可能性低い上にそれを描くのには死と隣り合わせみたいなリスクが
ずーーーっとついて回る…とかで
理解者も協力者もなかなか得られない、といった感じ……と予想。


それはそうと、敵に対してまでも「ムント様と呼べ」と、
次回予告に吹いたwww

ロリコンwww


アクションシーン、よく動きますねー。
そして、地上世界が淡白な色使い、ゆったりしたテンポを意識してたのが
きちんと再確認出来ました。
PR
第3話「立ち向かうこと」

なるほど、ここまでがOVAのリメイクなのね。
(基本的に事前情報は排除して見ている)

カズヤくんとスズメの周辺だけ川の色が灰がかってるのが
意味深だなぁ、と思った。
岸の方は相変わらず澄んだ色なのに。

2人を見つけたユメミとイチコが第一声で
「頑張れー!」
って言ったのには驚いた。
この娘ら、どこまでお互いを信頼してるんでしょうか。

まぁ、やっぱり入水はないよねぇ(苦笑
「スズメ楽しそう」だし(笑)

ユメミ小2の回想でぐっと来た俺がいる(笑)
スズメ、凄過ぎだろ。

イチコ、いいところに気付いた。
やっぱやり方が無茶苦茶だよね(笑)
…でも、この無茶っぷりがユメミの決断の引き金になるワケで。

スズメはほんと凄いねぇ。
後から来た生徒連中も全員応援するって、
「助かれ」の意味じゃなくて「成し遂げろ」の意味って、
このシチュエーションでおかしいだろ、それ(笑)
どんだけ信用されてんのか、と。

ムント乙(戦闘に勝利の意味で)

流石にここまで落ちてくると一般人にも浮き島が見えるのね。
ここでのスズメとイチコも凄い。
イチコ「嬉しい」って!
…この3人の絆、いいなぁ。

淡白だった(淡白にしていた)地上世界の場面との対比が
作画でいい感じに出てたと思う。

「ムント様と呼べ」は、ここにかかってくるのね(笑)


やー、今週も面白かった。


第2話「逃げること」

カズヤくんはよっぽどスズメを信頼してるんだなぁ。
だから、その友達も信用して、初対面から身の上話。
「繋ぐ手」「これからを生きるってことは今を生き抜くってことだろ」で
やっぱり天上世界とのリンクとか超能力的なものが
何かしらあるのかしらん?と思ったんだけど、
校舎から出てきたスズメが浮き輪抱えててコケたw

「逃げること」なのか、やっぱり?

いや、それにしては哲学的に語らせ過ぎてるし、
スズメは今、ここで退場していいキャラクターじゃないよな。

…いや、それとも、スズメを失うことがユメミがムントの手を取るための
「引き金」となるのか?


ユメミとお母さん(お姉ちゃんなのね、声←ややこしいw「井上喜久子」の意ねw)の会話も、
カズヤくんの独白もそうだけど、
色使いに加えてこのゆったりとしたテンポが、
もしかしたらムントの抱えてる緊迫感をも取り込んでしまってるかも知れない。
よく見ると、顔に汗を浮かべてたりとか
ムントもギリギリの状況で頑張ってるのがわかるんだけど、
「鬼気迫る」段階まで感じないのは、そういった全体のテンポゆえかな、と。
(ここが上手くメリハリつくと効果が上がるんだろうけど)

ところで、「ムント様と呼べ」と言い返してる間に更なる説得の一つでも、とか
嫌だなー、そんなこと思ってないですよ^^

モンタロウwww
そのネーミングから円谷な感じかと思ったら
F先生じゃねーかwww

朝陽、夕陽、水面に映る光。
それらが綺麗なのと同時に、夜を描く陰の濃淡がとても緻密というか繊細というか、
とにかく細かいな、と思った。

戦闘人形に貴重なアクト使ってんじゃねーよ、とか。
…まぁ、あの人形が製造された時点で組み込まれてるといった類の話なんだろうけど。

それにしてもイチコがいい娘だ。
あれだけ察しが付いて理解があって友達想いで行動力がある娘は貴重だ。
彼女は報われてほしいな。
第1話「知ること」

…これ、もいもいにとって「単なる初主演作品」じゃなくて
10年後、ヲタク始めましたみたいな人にも通じる「代表作」になるんじゃなかろーか。


世界観、舞台設定、キャラクタの大まかな相互関係、
(表層上の)物語が目指す場…といったものを提示する回でした。
第1話ですし、当たり前ですね。

大雑把に言うと「世界の死」に刃向かう男とそれに巻き込まれる女の子の話。

世界を保つために必要な力・アクトを著しく消費する魔導国を
「天上界存続のために」という大義のもとに滅ぼさんとする連合国軍。

それに抗いながら、且つ、天上界で枯渇したアクトを求め
リュエリの予見から見えた未来を信じて道を拓かんとする魔導国王・ムント。

地上界に居ながらにして
(それとは知らず)天上界が見えてしまっている少女・ユメミ。


現実世界に居る人間が(未遂に終わったけど)異世界に巻き込まれる様を描く様子は
オーソドックスではあるけれど、非常に丁寧に描かれていたと思う。

(地上から見た)空、水溜りに映る空、窓の外の(太陽)光など、
とにかく地上界における「光」と「白」がとても印象的に描かれていて、
全体的に淡い色使いにも関わらず目を惹かれた。

予見者・リュエリの弟子であるトーチェも
展開が深まるに従ってリュエリに代わって絡んできそうな感じ。

ガスと戦りあっていたライカが負傷を癒してキッ、と構えた時のカットと
ラスト、カズヤくんが振り返った時のカットが
構図同じで顔も似てたと思うんだけど、
これって、例えば地上界と天上界との間に
生まれ変わりとか、天上界から堕ちて地上界に奇跡的に適合したとか
そういうのあるかなぁ。


わー、次回が楽しみです。




カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]