忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[334]  [308]  [307]  [333]  [306]  [362]  [305]  [357]  [299]  [336]  [332
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第19話「導かれた出会い」

わからんことばっかりだ。

ロイ。
汚染獣を目前に逃亡した、という過去が
彼のトラウマになってるのはわかった。
でも、途中で猪みたいな仮面になったのがわからん。
リーリン(と言うか彼女の所有するダイト)を狙ってたのも
よくわからん。
ダイトが世界を変えるくらいのブツ、ということなんだろうけど…。
前回、リーリンを助けたのもわからん。
サヴァリス曰く「独り占めしたかったんだろ」
でも、別にリーリンが落下死したところで
ダイトには問題ないでしょ。
むしろ、ダイトだけ後で回収すればいいのだから
コトが運び易くなると思うんだけど…。
リーリンの中のチカラ?には気付いてなかった風だし、
ほんと、前回リーリンを助けた理由がわからん。
ついでに、マイアスで長的な振る舞いをしていた理由もわからん。
汚染獣と正面切って向かい合う可能性があるような役職?に
なんで就いていたんだろう。
ダイト(に繋がる情報)を得るためにしたって、
彼のトラウマを考えたらリスクが大きくないか?

サヴァリス。
リーリンを目の届かないところに置いてしまうのがわからんw
ロイの前で能力見せ付けた意味もわからん…が
これはDQNで説明つきそうだw

ディクセリオ。
立場がわからんw
どうやら天剣授受者、ひいてはアルシェイラとは対立するようだが…。
ニーナに映像を見せていた理由もわからん。
ニーナには期待してないんでしょ?
映像を見せることで、
ニーナの中の廃貴族に訴えかけるものがあるのだろうか?

ディクセリオがニーナに見せていた映像。
これまで毎週のように挿入されてた英語台詞の映像だよな。
ディクセリオの物言いから察するに、
「今の世界になってしまう前の、今とは異なる文明が発展していた世界」
みたいな感じだけど…。
もっと具体的に言うなら、「汚染獣を生み出した旧世界」みたいな。
仮にそうだとして、これまで毎週のように挿入されてた意味がわからんな。
これまで見せてた映像はある程度時系列になってたようだし、
その意味で歴史を見せていたのは間違いないんだろうけど、
だったら「ここ!」というタイミングで
「これが世界が生まれた理由だ」みたいに一気に視聴者に見せる手も
あったと思う…というか、
その方が効果的じゃないかな。

ニーナの中の廃貴族。
何がしたいんだろう?
たぶん、学園都市を滅亡に導きたいんだよな?
ニーナをマイアスに飛ばした意味が
「ツェルニに続いてマイアスも滅亡に」というのであれば
その作業は酷く中途半端だし、
リーリンがどうにも(廃貴族の目的にとって)悪い影響を及ぼしているのは
明らかなのだから、
まずはニーナの意識を乗っ取ってリーリンを消すべきでしょう。
ディクセリオと相対していた場面でディクセリオに乗り移らないのも
理解できない
(どう考えてもディクセリオの方がニーナより力を有していて
対象は何であれ破壊活動には適しているハズ)
それと、これは表面化するのにエネルギーが必要…というような
エクスキューズが付くと思うんだけど、
常にニーナの意識を支配しているワケではないのも意味がわからない。

リーリン。
「電子精霊の原型が宿っている」と言われても、
電子精霊がどういうものかわかんないしなぁ(苦笑
女王アルシェイラはそれを把握してると見たけど、
護衛にサヴァリスは人選ミスだわな(笑)

「これが…世界」。
ニーナとニーナの中の廃貴族にそれを見せた意味がわからない。
いや、結局はニーナが物語のキーパーソンだから、という点で
理解は出来るんだけど、
じゃあ、これまでのニーナがそれに足る描写をされてきたかと言うと、
という話やね。
廃貴族が「世界」を見て「これを良くしていこう」とは思わないだろうから(笑)
必然、ニーナが「目覚める」んだろうけど…。
落下しながらニーナが見た「世界」も
可能性と未来に溢れたものじゃなくて単なる荒廃した大地だったしなぁ…。
あの描写を持って風呂敷畳むためのスイッチがオン、じゃ
弱過ぎるだろう。

レイフォン。
汚染獣の群れに突っ込んで、数を倒すことではなく
光(ニーナ)の落下地点に一目散だったから
落ちてくるのがニーナだとわかってる、と思ってたんだけど…。
お前、わからずに、がむしゃらに前に行ってたのかよ(爆
これは酷い(笑
で、たぶん、「戦うための理由」がニーナを守ることにされちゃうんだろうけど、
これも、そうなるには死ぬ程弱いよね…。

レイフォンとニーナが再会。
大ちゃんの音楽もいいし(大ちゃんはこの作品全編通じていい仕事してる)
感動的な再会シーンのハズなんだけど、
まったく高まらなかった(笑)
ちょっと吹いたもん(笑)
「なんじゃこらw」って(笑)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]