忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[368]  [363]  [309]  [337]  [334]  [308]  [307]  [333]  [306]  [362]  [305
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

その三十二「お菊という名の四天王」

サブタイと異なって、直接名前が知れることはなかったんだけど、
まぁ、そういう回でした。

他の盗賊団から盗品を強奪するもろこし天狗党。
陣頭指揮を執るのは(どう見てもお菊である)女。

逃走の際、あさたろうとの一対一の際、
局面で発揮される「先読み」の能力は
まさにきゅうべえがあさたろうたちに語った
幼きお菊の持っていたそれである。

これまでとのもろこし天狗党との接触の経験から、
彼らの手口を読み、
詰め寄ることに成功するあさたろうたち。

突然大砲をぶっ放すなど、
常識外れなもろこし天狗党だったが、
あさたろうは女との一対一に臨むこととなる。

場である橋の決壊により勝負は次回に預けられることになったが、
あさたろうの救出に向かったきゅうべえと女が
運命のすれ違いを果たしたのだった。

少しずつ、だが確実にお菊に近づいている予感。

きゅうべえは、唯一残された思い出の品である櫛を
こももに預けるのだった。


お菊とあさたろうがやりあってるシーンを影にして
その後ろでこももたちがきゅうべえを探してる演出、
カッコイイ!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]