忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[624]  [643]  [625]  [639]  [633]  [632]  [631]  [622]  [623]  [619]  [630
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第九話「真実の鏡」
 
サブエピソード回ってことなんだろうな。
あのラストは気が利いてるつもりなのだろう。
 
 
ソサエティにロスト・プレシャスの鑑定を依頼された英理子。
手違いで竜司宅に送られてきたそれは、一枚の絵画だった。
鑑定を始めようとすると、
その場にいた竜司を除く4人(英理子、ローズ、実咲、アイ)が
絵画の中に取り込まれて---?
 
 
…というお話でした。
 
竜司不在の中で竜司ハーレムをみんなで再確認する内容。
まぁ、その内容はともかく、
色々とおかしいことばかりが目について……。
 
 
ソサエティが相変わらず雑。
ロスト・プレシャスだろ?
直接手渡ししろよ。
 
英理子も無神経。
一般人(実咲)が居る状況で鑑定しようとするなよ。
機密事項にあたることがいろいろあるだろうし、
巻き込んでしまう可能性があるだろ
(実際巻き込んでしまっているし)
 
絵に取り込まれてからの行動もおかしい。
何もわからない状況で個別に行動をするなんて自殺行為。
それも、一般人である実咲まで…。
 
英理子さん、実咲に「信じて」という内容の台詞をかけてたけど、
信じられる要素皆無ですよ、貴女の行動。
 
 
ほんと、ビアンカが勝手に部屋に入ってこなかったら
どうするつもりだったんだろう…。
 

脱出後、アイが実咲に感謝してたのもわからん。
全員「真実」を語っていて、
一発目、実咲がそれをしなかった=足を引っ張っていたわけなのだが。
 
 
実咲が竜司に好意を抱いてる理由がようやくわかったけど、
正直、あれで「実咲頑張れ!」にはならないなぁ。
実咲にとっては大きい出来事だったんだろうけども。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]