忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[660]  [657]  [646]  [642]  [656]  [655]  [672]  [637]  [638]  [645]  [641
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第十二話「エンゲージ」
 
「やっぱりローズ(竜司)が好き」以上…てな感じの最終回でした。
 
着地点はここしか無いし、
空港のシーンでは特に作画もいいし、
緊迫感もそこそこあって、
オールキャストで送る文句なしの最終回。
(オニキスの扱いが弱いのはまぁしゃーない)
 
…ここだけ見れば、ね。
 
 
この最終回の仕上がり自体はいいんだけど、
全十二話を通してみた場合、
この最終回でも全然響かなかった、というのが正直なところ。
 
四~十話は別に無くても良かったよね、と思う。
 
 
自責の念に捕らわれる竜司。
…四話以降、ローズに対する想いの蓄積が皆無で、
「お前そこまでローズのこと想ってた?」と想ってしまう。
 
大人の立ち位置で竜司自身にローズとのことを決めさせる英理子。
…これまで、貴女が甘ちゃんなせいで
毎度大変なことが起きてるってのに、
ここだけキメられてもねぇ。
成竜の儀なんてその最たるものだ。
 
ソサエティ。
竜司/英理子との関係がよくわからん。
何で羽田に部隊を投入したんだろ?
竜司/英理子が奪還したローズを実験素材として提供するとは
考え難いし。
十一話でローズを逃がそうとした竜司を妨害したり、
英理子を2週間拘束してたくらいに
ドラゴンへの興味はあるわけだよね?
そもそも、ローズを所有している竜司/英理子との
平時での関係もよくわからんし。
何がしたいんだ?
 
マルガ
焚き付け役乙。
及第点。
ローズがドラゴンであることから
竜司の説得に同じドラゴンの彼女が出てくるのは道理だと思う。
…でも、お陰で十一話の実咲が霞むよねー。
ホント実咲の存在価値がわからん。
 
アイ
ギャグ要員。
 
ビアンカ
出て来た意味あった?

竜司の両親
顔出ししろ。
竜司と英理子に会って行け。
お前らが事の発端なんだし、
竜司がロスト・プレシャスなのかどうかの話もあるだろ。
 
サフィ
ローズが竜司の元へ戻ることは、
確かに彼女と竜司の利害が一致するが、
オニキスがやられることまでアタマ回らなかったのかね?
一回竜司/ローズに退けられてるのを知らないわけじゃあるまいし。
 
甲斐
まぁ、サフィには勝てると思いますので、頑張って。
 
 
オチの、日常の学園生活に戻ったような描写も、
全然コメディ出来てなかったので響かなかったわー。
 
 
 
この話をきちんとキャラ出してやるなら
1クールじゃ足りないよなー。
浅くてペラかった。
 
2クールあれば、
ローズの純粋な可愛さ、他のキャラの良さをもっと引き出して、
英理子の脇が甘いところも許容できるような雰囲気を作りつつ、
全体的に深みが出るんだろうな、とは思う。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]