忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[648]  [649]  [660]  [657]  [646]  [642]  [656]  [655]  [672]  [637]  [638
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第11話「楽園」
 
最終話。
 
 
着地点としては、これしか無かったかな、と思う。
 
フリュネとの出逢い、グラニッツ一家との関わりから
クレインが経た変化を考えると、
フラクタル・システムの再起動は敢行され、
しかし日々の生活がこれまでとは少し違うものである…というのは
いちばん落ち着きがいいな、と。
 
大爺が言ってたロスト・ミレニアム活動の意味が、
正しく継承されていると思うし、
僧院は壊滅状態で、次の再起動は無いみたいだから
新たにエンリがまとめているグラニッツ一家を始めとする
ロスト・ミレニアムの活動が、
徐々に世界に浸透していくんじゃないかな。
 
話は世界規模でありながら根本には個人の思惑…というのは
よくあることだけど、
だいぶ歪んでたバロー、
世界を建前にフリュネへの負の感情で動いていたモーランではなく
「好きが大好き」なネッサの感情が結果を引き寄せた…ということで
視聴後の後味も良かったと思います。
 
 
バローの狂いっぷりやら
フリュネの決意やら
クレインに託したスンダやら、
オリジナルのフリュネの映像やら、
最高潮へ向けての流れもなかなかに熱かったし、
どうして俺のTLでボロクソに言われてるのかわからん(笑)
 
まぁ、クレインの影が薄いよなーとは思うけど、
フリュネを動かしたわけだし、
きちんと好きだということも伝えたし、
ちゃんと男の子してたので、
酷評される程でもないんじゃないかなー、と思うの。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]