忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[274]  [278]  [267]  [262]  [272]  [271]  [270]  [273]  [260]  [266]  [259
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第9話「愛すること」

全部終わっての一言目は「え~~~…↓↓↓」でした。


飛べてねーよ、落ちてるんだよwww

助けられたユメミが可笑しそうに笑ったのも、
「次はもっと上手く」って言うのも、
成すべきことがわかって、
開き直りみたいな感じでそうなってる…ってのは
わかるんだけど。
やっぱり、笑ったり、次って言ったりさせるには
そこに至るまでが薄いと感じる。

グンタールは完全にエゴだよねぇ。
仮にムントを妨害するのが上手く行ったとして、
それでも天上界を救えるための手段があるとは思えない。
それっぽい前振りも無かったしねぇ。

イチコとスズメもチカラがある…というのは
グンタールの思い込みだと思うんだけど、
後々、そういうことになってたね(ムントとのやりとりのところ)
…これは何でなんでしょ?
説明もしくは推察できる伏線求む。

ユメミ「2人を残して行けない!」は
「取捨選択なんてしない、全部護る!」ってことだよね。

チカラを安定させるために結晶化。
それを振り切るチカラを発揮するユメミ。
この流れは、チカラの発動を大きく見せるために良いと思う。
…もいもいの演技に、もう少し力強さが欲しかったけど。

ちょwww
ここで「ムント様と呼べ」かよwww
これはガチのネタだなwww

そして告白www
戦闘用?の衣装はセー○ームーンじゃないスかwww

柱が失われて、落ち始めた天上界。
しかし、それをも一気に覆すユメミ(とイチコとスズメとムント)のチカラ。
…まぁ、この辺は良いよね。

ユメミのモノローグが乗った、ダイジェスト方式の落ち着かせ方は
物足りなさを覚えました。
天上界の、名前付いてたキャラ、本当に殆ど名前不要だったもんね、これだと。

そしてエピローグ。
落ちてきた浮島が地上界と同化…と言うか、
「よくわかんないけどとにかくそこに在るもの」として
地上界で受け入れてる風なのは良い。
「非公式とは言え」地上界と天上界の交流が生まれるのも良い。

良くないのは、時空の歪とムントの不在。


なんだこれー。
何も終わってないじゃんよー。

果て無き続きがある…風でも無し、
一区切りじゃなくて前振りでしかないじゃんよ。

これはちょっとガッカリ来たなー。


TVシリーズとしてケリつけるなら、
例えば地上側の天井側の間に入る人材として
ユメミが両代表の間に入るシーンとか
ざっくり入れとけばまとまっただろうに。

時空の歪が「気にするほどでもない」わきゃないしw
ムントも不在となれば、ねえ?


うーん…。
この終わり方にはとても拍手は贈れないなぁ。

あんまり観に行きたくないけど
(TVシリーズのこの終わり方、終わる前に劇場版の話が出たことへの反発として)
せめて劇場版で上手く終わらせて欲しいわ。



「単に主役張ったという以上の意味で」
もいもいの代表作となるんじゃなかろーか、という
第1話終了時に抱いた感想は現状、取り下げざるを得ない。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]