忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[340]  [321]  [320]  [288]  [319]  [346]  [339]  [316]  [315]  [286]  [287
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第15話「届かない気持ち」

次の対抗試合(第1小隊。強豪らしい)とのために
合宿を張ることになった第17小隊。

スポンサーは「週刊ルックン」。
合宿中、第17小隊への取材にかこつけて
レイフォンの過去の話を聞きだすことが
ミィヒィに課せられたミッション。

ついでにメイシェンも同行させて
ナルキ、ミィヒィは彼女のバックアップも…。

…というお話。



キッチンでのメイシェン&レイフォンと
それを見つつキャットファイトなフェリ&ニナとかは
まぁ、どうでもいいっちゃあどうでもいいですわ(笑)
SDキャラにするのとかホントどうかと思うけど、
まぁ、別にいいっスわ。

ニナ「どこかで食べたような味」…からの、
ようやくレイフォンにメイシェン作の弁当であることがバレるところも、
まぁ、前振りですよね。

で、ラスト。
メイシェンがレイフォンを呼び出して勝負に出るシーンは、
この作品内で恋愛描写とか別に不要と思ってる自分からしても
「よし、行け、メイシェン」って感じだったんだけど、
「レイフォンのこともっと知りたいから」って、
よく背景を知りもしないくせに
グレンダンだの天剣授受者だのって単語を口にしたメイシェンに
ガッカリ。
それは駄目だろー…。

そして、それに対してレイフォンが何の躊躇もなくアッサリと
自分(天剣授受者)が人間ではないことを告げてしまったことに
更に大きくガッカリ。

他の人間に知られないようにせねばならないこと、
その意味で考えなし(のように思われる振る舞いて)に
能力を使って自分が追放されたという過去は
何処へ行ったんだ?
そういう事を噛み締めているのなら、
ここでメイシェンにバラすなんてありえないだろ。
バカか、コイツ。


はぁ…。


なんじゃこら。



レイフォンの過去について思いを巡らせ
「記事にするのはやめられないか」とまで友人に言ったり、
必死に友人の初恋を応援してあげたり、と
素晴らしい人間であるナルキが居て。

どうやらグレンダンでは廃貴族を「チカラ」として
手に入れようとしている様子が窺えたり。

「いい回」「重要な回」となっていい回だったのに、
レイフォンが全部ぶち壊してくれやがったよ(笑)



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]