忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[721]  [729]  [725]  [710]  [719]  [709]  [717]  [724]  [715]  [704]  [705
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

#5「cultivation(修練)」
 
ディールのコントロールに取り組み始める公麿。
ギルドの、自身の目的へ淡々とコトを進める三國。
自身の立場から、出来ることを探し、もがくサトウ。
 
現実を覆せないなら共存するしかない。
汚れた平和を選ぶ。
…三國のこの考え方の決定打となったのは何だろう。
それと同等のことが、普通を望んできた公麿に起こりうるのだろうか。
たぶん、起こらない。
OPの最後のカットがそうだし(笑)
最終的には公麿は三國のやり方に異を唱えると思う。
金融街の存在理由みたいなものが、
決別の決定打になるんだろうな。
倒すべき(あるいは乗り越えるべき)存在としての三國の大きさは
今でも十分過ぎる程だけど、
距離が縮まることで更に大きく見えてくるのだろう。
 
ギルドへの勧誘、「測ること」の大切さの伝授など、
三國が公麿にしていることを見れば、
大まかには師匠越えというカタチになるんだろうな。
 
でも「金にまみれたものは金を動かせない」という台詞から、
三國が自分の限界を悟っていて、
それを公麿に越えさせようとしているようにも見えるんだよなぁ。
(公麿はそうとは知らずに乗っかってしまう)
 

それにしても三國凄いな(笑)
副総裁を半ば操作するわ
巨大製薬会社の倒産を即時フォローするわ…。
現実世界への影響の対比として
ここで公麿が小さく負けて叔母の盲腸で済んだってのも
上手いですな。
 
この状況で羽奈日を気に欠けてる公麿にちょっと驚き。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]