忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[613]  [615]  [620]  [617]  [616]  [621]  [618]  [606]  [604]  [605]  [599
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第8話「ファインド・アウト・マイ・マインド」
 
ラウラが箒に構わず1対2を挑むのは想定内として、
AIC?に致命的な弱点を抱えてるのに
自分で1対2にしてるのかよ(笑)
 
こうなってくると、思い上がりと相手の能力の見誤りだよね。
理想とする「強さ」からはまったく遠いという罠。
 
遺伝子操作された存在…って、
独は色んな作品でそういう設定多いね(笑)
 
ラウラの背景はわかったけど、
「強くあらねばならない」という強迫観念ではなくて
千冬の想いを受ける存在(要は一夏)への嫉妬が原動力になっていて、
どうにも暗い影なハズの設定の意味が無くなってるなぁ…。
 
予想通りサクッと一夏に転じる辺りも、
千冬への想いは何だったの?ってことになるし…。
 
 
 
一夏はシスコン認定でOK?(笑)
…にも関わらず「誰かを守ってみたい」ってのがよくわかんないし、
そもそも「誰かが窮地に陥っていること」が前提に立ってるこの動機、
おかしいよなぁ。
これじゃ「何かコトが起きて欲しい」と言ってるのと同義だぞ。
 
 
 
独がラウラのISに仕込んだシステムは国際問題だよなー。
どうせ踏み込まないんだろうけど。
 
で、そのシステムが、右手だけIS化してる一夏に
アッサリやられてしまうという…。
一夏(と千冬の武器?)がそれだけスペシャルってことなのか。
 
ISが解けた一夏に対して箒がやけに強い態度だったのも
意味がわからないし…。
 
シャルロットの、大浴場での告白の次のシーンで
おにゃのこカミングアウトしてるのもよくわかんないし…。
「二人きりの時は」の件、意味をなさなくなるじゃん。
 
 
学園は相変わらずザルだし
(暴走したラウラに対して出てくるのが遅い遅い)
いち教員の千冬の判断で学生に事態の収集を任せちゃってるし…。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]