忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第14話「監視」

ハンバーガーを再調理したキャルに吹いたw
しかも美味いんかいwww

ちょっとずつ「演じてない」感じの無邪気さが出てきてるキャルと
平和で温かさを感じさせるようなBGMが
「キャルを仕立てなければいけない」ツヴァイの現実との対比で
ものすごく怖さが増すわー…。

マッケェネン女史は梧桐組との取引を潰した首謀者を
ワイズメルと断定してるけど、どうだろうね…。
ツヴァイが指摘してる通り、自身へのマイナスも大きいし、
そもそも、マッケェネン女史は自分以外のすべてに快く思われてないことを
もう少し自覚しないと駄目だよね。

志賀が連絡取ってたギュゼッペ?って、
これ、サイス=マスターじゃんw
と、なると、やはりワイズメルの線は消えそうだよなー。
そして、志賀が梧桐を出し抜く計画も
同時に進行しているような気がする。

マッケェネン、梧桐にカラダ差し出してる場合じゃなくね?


ツヴァイとキャルの関係は、
インフェルノとの絡みがなければ
互いにとって非常にいいものなのにねー…。
今、築かれようとしている人間らしさというのは、
きっと、はかなくも崩れ去るんだろうなー。

久々の練習場で瞬間だけでも想いを馳せたり、
監視任務中に考え事してたり…。
ツヴァイはこれが仇となるのか、
再度、人間らしさを失わなければならない事態になるのか。
どっちにしても悲劇だよねー。

サイス=マスターらしき人物のシルエットが出た時点で
予想は出来たけど…。
あれ、やっぱアインだよなー。

うひゃー。
PR
第13話「偽装」

「お芝居」に合わせたリズィの、
その合わせっぷりに吹いたwww
よもやリズィ本人の口から凡人と聞けるとはwww
貸し作るどころか借り作ったんだから当然だけどさwww

いやー、しかし、ツヴァイは凄い博打打ったね。

心の拠り所であった「姉妹」が目の前で殺されて、
その衝撃の余韻の最中にあるにも関わらず
大の大人(それも、強硬に出られないとは言えツヴァイだ)を相手に
隙を見せない演技で堂々と駆け引きをし切ったキャル。
(ワイズメルが踏み込んで来た時も物音をさせないようにしてたし、
その上で状況次第では逃亡する算段もつけていた)

これは確かに「素養アリ」との判断を下せるかも知れないけど、
他ならぬ自分の手で、自分と同じ道に引き込むことになるんだぜ…。

この決断は容易じゃないよな。
やはり「生き残ること」が最優先事項だからこそか。

ところで、キャルが時計を一旦バラして直してたのは
後々、何かで生かされるのかな?


ワイズメルの「女狐の飼い犬」はごもっとも!
第12話「亡霊」

冒頭、無声にBGMから銃声で一変するの、上手いなー。

梧桐、呑気過ぎだろw
志賀くんの気苦労が忍ばれます…w

マッケェネン女史、たいしたタマだよねー。
自分だって、
ツヴァイが自分の意思でインフェルノに忠誠してるだなんて
微塵も思っちゃいないだろうに…。
彼女の唯一の、そして後に致命的になるであろう見落としは
ツヴァイを「手なづけられた」と思ってることなんだろうな。

ツヴァイが変わったように見えたのは、
「意思なんかない」状態
…言われるがままに服従というのがラクだから
そうしてるだけなのね。

アイザック、「バストに吸い付く発言」吹いたw
こいつチカラ持ってるのかな~?(笑)と思ったら
LAが庭的な話をみるに、一応、チカラあるのね(笑)

ジョディ…は冒頭で出てた女性だね。
で、ルームメイト?のキャル、か。

アイキャッチなんかも含めて、完全に第二部になりましたね。




キャルがエレンと二役だったら面白かったと思わないかい?
第11話「襲名」

ここまでの映像の再構築に
ほんの少しの新しいパートを混ぜて
ツヴァイの話を
マッケェネンの話として見せた。

上手いな~。

ここまで全体の2/3くらいかな。
残り1/3は、次週以降展開される
本格的なマッケェネンの話のプロローグ。

4年前。
ロメロ。
当面は泳がされていること。
梧胴組の志賀。

これだけ念頭に置いておけばとりあえずOKかな。


襲名式?
吹いたwww

インフェルノ、こんな儀式じみたことしてんのw
第10話「終幕」

マッケェネン女史、
信じてるのはツヴァイの「衝動」じゃないでしょ。
信じてるのは自分がツヴァイに示した道標、
つまりは自分自身じゃん。

リズィが諸々、面白くないのはよくわかる。
でも、仕方ないよね。
君は凡人で、彼(ツヴァイ)は超人なのだから。
(…君がアインをきちんと抑え切れていれば……という話ですよ)

アインは…何だったんだろうなー。
揺れて、揺れて、揺れて、最後は無意識と言うか
考える前にサイスを庇ったんだろうな…。
「これまでの人生をリセットして新たな道を歩む」という点では
エレンとしての人生も同じだろうけど、
一般的に「人として」見た時に、
やっぱりエレンとしての人生を選んで欲しかったなー。
救われて欲しかった。
車中の玲二とエレンの会話が、叶えば、なー…。

サイスを自分の手で殺すためにとった
「弾丸は一発だけ」が裏目に出たツヴァイも気の毒…。
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]