忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[441]  [414]  [413]  [415]  [420]  [431]  [412]  [436]  [409]  [408]  [407
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第22話「激昂」

アインとキャルの対峙。
…これ、ツヴァイへの愛…いや、愛は的確じゃないな。
信頼とか、とにかくそういう個人的な想いを互いに含んでるから
なおタチ悪いよね。

アインは、たぶんキャルに隙を作るために
挑発してるんだよね。
「生」への想いが芽生えてしまったアインが、
現役の殺人マシーンと対峙して勝てる要素がない。

しかしここの対峙、
互いに構えた銃が相手の片目をふさいで顔を見せる構図が
抜群にカッコイイ。

リズィは、凡人ゆえの人間らしさで、よく割って入ってきた。
まぁ、リズィじゃ確実に1も2も3も殺れないけど(笑)
これまでさんざんツヴァイの足を引っ張ってきたんだし(笑)
ここは頑張って少しでもキャルを抑制して欲しいものです。
「燃え尽きていく花火」はいい言い回し。

アインとツヴァイのカードは、美緒をダシにしての志賀。
…たぶん、ここまではサイズも読んでるから
(その上であえてキャル自身を煽るためにツヴァイの元へけしかけた)
その上を行けるかどうか、だね。

美緒の、玲二への指摘が鋭くて驚いた。
これはツヴァイもビックリだよね。
この洞察力が、シナリオの終盤で想定外の事態を引き起こしそうな気も。

キャルの憎悪は、信じたい気持ちの裏返しだと思うんだよね。
ツヴァイの逃げは「生への渇望」じゃないことに
気付いてくれれば…。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]