忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[420]  [431]  [412]  [436]  [409]  [408]  [407]  [428]  [427]  [423]  [405
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

その四十三「おりんくの一のさだめ」

くの一おりんの話でした。

「目的のためなら一切の情を捨て、
手段を選ばないのが一流のくの一」
という考え方への葛藤と、
進む道が違っても消えない友情で繋がるこももとの関係。


姫さま(未登場)を狙う刺客の目を欺くため、
容姿が似ていることから囮を依頼されるこもも。

依頼したのは姫さまを無事に移動させる任に就いた
おりんと、先輩くの一のおさと。

おさとの考え方は
「目的のためなら一切の情を捨て、
手段を選ばないのが一流のくの一」
に立っているから、
作戦の立案から非常時の決断まで、合理的で無駄がない。

その考え方に違和感を抱くおりんが、
ただ反発するだけじゃなくて
そこに、ともにくの一の修行に励んだこももを絡めたことが
この話のキモですよね。

昔一緒に練習した合わせ技を咄嗟に繰り出せたところ、
別れの場面でツンツンしているところなど、
おりんとこももの関係性が上手く出ていて、
かつ、おさとに対するおりんの
「若さ(青臭さ)」という部分の強調にもなっていて、
良かったと思います。

刺客との橋の上での一戦も、
迎撃の仕方が理にかなっていて地味に良かったw
 
 
 
ところで、この作品、5クール目以降があるような気がしてきた。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]