忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[412]  [436]  [409]  [408]  [407]  [428]  [427]  [423]  [405]  [406]  [404
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第21話「憤怒」

「亡霊を、見た」
…まさに『ファントム』やね。

ドライとなったキャルの、奔放で未完成なさまと
目的(玲二への復讐)への真っ直ぐさを、
志賀とインフェルノが絡んだ事件と
サイスのモノローグで描いた回…とまとめられるかな。

ここで志賀が顔を覗かせたということは、
美緒もやはり巻き込まれますよね。

ところで、俺はキャルの動機が復讐にあるとは
どうしても思えないんだよね。
あの、アパートが爆破されたという状況に
玲二が現れなかったことについて、
「見捨てられた」「裏切られた」という感情を抱くほど
彼女は単純じゃないと思うんだ。
「玲二に何かが起きた」と捉えるんじゃなかろうか。

それに、彼女が玲二と過ごした時間って、
そんなに簡単に信頼を崩してしまうようなものじゃないと思うのよね。

そう考えると、絡んでるのがサイス=マスターだし、
やっぱり軽くでも洗脳…洗脳とまでは行かなくても
玲二に関するウソを吹き込んだということが想像されるんだよなー。


ツヴァイがここでサイス=マスターをやらなかったということは、
もっとふさわしいシチュエーションが用意されるからだと信じたい。
画面観ながら「やれっ!」と思ってしまったよw


キャルが玲二を憎んでいない、という思いとリンクするんだけど、
サイス=マスターの思惑
…ファントムを始末することで彼女は相応の落ち着きを持つ…
のようなことは、決してないと思う。



○余談○
可能性あるな、と思ってコピペしてから更新ボタン押して正解だったw
「やれ」の部分、漢字だとアウトみたいなので、
平仮名に直して再度更新ボタン押しました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]