忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[428]  [427]  [423]  [405]  [406]  [404]  [403]  [416]  [399]  [421]  [402
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

その四十二「五十年目の七夕月夜」

友情…とはちょっと違うんだけど、
立場の違いがあるから切磋琢磨というのも違うんだけど。

同じ時代を生きた連帯感のような。

六右衛門(師匠)と正直の素敵な関係のお話でした。

----------

泥棒の師匠って、フレーズとして面白いw

「血を流しちゃいけねえ。
何を盗ってもいいが人の命は盗っちゃいけねえ」
うん。
いいポリシーだ。

50年越しの因縁。
若かりし頃の話に対しては照れ隠しとしても、
それ以外の部分での師匠、ノリ軽いなーwww

若さに任せてやりたい放題の六右衛門に対し、
家臣の命を重んじて家宝の仏像を「盗ませた」正直。

そして、その意味にきちんと気付いた六右衛門が
そこから刻んだ50年という時間。

天の川を見上げる二人の画は、非常に良かった……。



これ、8月16日に放送されたことに
(8月15日合わせなことに)
ほんの少しメッセージが込められてるんじゃないかなー、とか。


岡っ引き役で劇団大富豪の宮原弘和さんが出ていたのを確認。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]