忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1)兵動
グリーン車でキレたおっさんを寝たフリでやり過ごす話。
和泉的評価:4

2)キム兄
お好み焼き屋の二個玉子の話。
和泉的評価:3

3)ほっしゃん。
妻の祖母の最期の言葉の話。
和泉的評価:4

4)河本
明治神宮のお参りで居合わせたカップルの話。
和泉的評価:3

5)☆→立候補で勝俣
デビュー直後に欽ちゃんにツッコミ入れた話。
和泉的評価:5

6)松本
薄暗いメイク室で見たものの話。
和泉的評価:2

7)品川
2丁目のイタリアン・レストランでバイトしてた頃のミチヨちゃんの話。
和泉的評価:3

8)塙
漫才協会と吉本の話。
和泉的評価:5

9)千原
せいじとせいじの息子とバッタの話。
和泉的評価:3

10)有吉
乱暴者の父と墓と幽霊とカブトムシの話。
和泉的評価:4

11)八光
持ちネタの数の話。
和泉的評価:2

12)ほっしゃん。
個人タクシーの飴の話。
和泉的評価:4

13)木下
ダウンタウンの追っかけをしてた頃の話
和泉的評価:2

14)大木
変わってる母ちゃんの話。
和泉的評価:3

15)大木
軟式野球部設立の話。
和泉的評価:2

16)小藪
竜じいが猫の話と一緒くたにした話。
和泉的評価:2

17)コバヤシ
花壇に水を遣っているおじいちゃんの話。
和泉的評価:5

18)☆→指名で木村
エロ詩吟の技術指導の話。
和泉的評価:2

19)木下
ジャムを作る高校の話
和泉的評価:2

20)河本
道路工事のおっさんの話。
和泉的評価:2

21)兵動
耳が遠いお好み焼き屋のおばあちゃんの話。
和泉的評価:3

22)コバヤシ
冬の公園でダンボールをかけてあげる話
和泉的評価:5

23)塙
京丸師匠の話。
和泉的評価:3

24)千原
楽珍師匠のトキエさんの話。
和泉的評価:5

25)☆→指名で大輔
三又又三の話。
和泉的評価:2


MVS:5)勝俣


概ね面白かったけど、個人的な評価は話芸の部分を抜いて、
しかも若干辛めに付けてみた。
(3か4で迷ったら3にした)


PR
ボクシング(内藤-山口)の間にめっちゃ流されてたCMで
KKコンビのドラフトの件について触れるというのを知ったので
それ目当てで見てみた…のだが。

とりあえず、製作のお偉いさんには
タブーの意味を辞書で調べてみることをお勧めする。

http://www.tbs.co.jp/sports/karisuma/top.html
↑章立ての順番も違うし、イチローについては触れてない
ものっそい酷さのTBS内告知ページ。

スタジオでのトーク(ホストは小倉智昭と中井美穂)、要るか?
特に小倉智昭。
それと、重要でもないし聞き取りづらくもないし専門用語などの難解でもない言葉に
いちいち意味深にテロップ被せるなよ。
全編にわたって被せるならまだしも(それも相当ウザイけど)
ところどころ被せてきて、それが全部必要性を感じないって
凄いセンスだぞ。

内容は悪くないのに見せ方、作り方がここまで酷い番組は久しぶりだわ(笑)



■第一章
野村夫妻のタブー「だから俺は別れない」

野村夫妻がいい夫婦なのはわかった。
「のろけ乙www」とも言いたいw

…で、何が「タブー」なの?


■第二章
KKコンビのタブー「桑田真澄たったひとつの嘘」
同じブロック内でのVの使い回し多過ぎだけど、
これは、まぁ、タブーだし、内容も良かった。

つーか、これだけ30分にまとめりゃいいじゃん。
30分じゃ特番のワク取れないんだろうけど。



■第三章
天才イチローのタブー「誰も知らない素顔の鈴木一朗」

…で、何がタ(ry

川崎と西岡が出てきたり、焼肉屋や時計のエピソードなど
悪くはないんだけど、
何がタブーなのかサッパリだし、話が断片過ぎて素顔も何もわからん。
「WBC時のイチローこそが作られた(イチロー自身が作った)イメージ」とも
解釈できるだろ。
それをさせないだけの説得力がこれっぽっちもない。
時間も穴埋めに急遽突っ込みました的な短さだし。

こと素顔がわかるという点に関しては
今年のアタマとか去年くらいにやったNHK総合での番組の方が
丁寧で比べ物にならないほど良かった。
まず、なんで司会に上戸彩?と思ったw

メインの進行役以外に華が要るのはわかるけど、
上戸彩が司会とかアシスタント的なことしてんの見たことねーよwwww

って。

んで、番組が進んでくといい感じにリアクションとかコメントしてて
またビックリw
ザ・パンチの後の「皆さんの顔が渋いです」は素晴らしかったねw



1)ダイアン
最初のやりとり(サンタクロースって何?)がちょっと長過ぎると思う。
あと、サンタが架空の人物と知れてからの展開で
一個大きな笑いが欲しかった。
619pts.

2)笑い飯
「いつも代わってくれるもんな」には吹いたw
後半はいつもの感じでしたね。
637pts.

3)モンスターエンジン
初見。
ボケ(のキャラ)が平凡に感じた。
ツッコミが硬かった。
614pts.

4)ナイツ
爆発力は無いよねw
たぶん、優勝は無いと思うんだ。
2番・セカンドのタイプだから。
一緒にツッコミたくなって困る。
640pts.

5)U字工事
初見。
…これ、1回目だけのような気がする。
623pts.

6)ザ・パンチ
ツッコミもボケながらツッコむわけなんだが…そっちが若干スベッてた感が。
ボケも全般的に弱い。
591pts.

7)NON STYLE
初見。
小気味いいですね。
自分へのツッコミに対するツッコミも面白い。
644pts.

8)キングコング
うーん…。
つまんないとは思わなかったけど、特別面白くもなかった。
612pts.

9)オードリー
初見じゃないと思うんだけど、どんなスタイルだったか思い出せなかった。
んで。
ツッコミ+自由w
春日が噛んだ後のアドリブめっちゃ頑張ったな。
649pts.


採点にはほぼ同意かな。
笑い飯残ってほしかったけど、3組という枠の制限がある以上は仕方ない。


1)ナイツ
SMAPはめちゃイケで見たけど、時間の経過に合わせてマイナーチェンジしてたw
1本目から眼鏡を引っ張ってきたのも面白かった。
…けど、やっぱ優勝は無いな、と思った。

2)NON STYLE
白い衣装と携帯ストラップ、2本目も活かしかw
途中で「お、決まりか?」という空気は感じた。

3)オードリー
「うい」のタイミングがツボッたwww
NON STYLEの時に感じた「決まりか?」の空気を
俺の中で覆した。


オードリーは好みが分かれるところなのは理解できる。
NON STYLEの優勝は妥当なところじゃないでしょうか。



今田の司会、すげーわ。
各芸人のギャグを絡めてのネタ後のトークと
(特にザ・パンチの「死んで~」)
「カンペを見せてください」にはしびれた!

上沼恵美子、トバし過ぎ。


1)髭男爵
ページを破りながらのツッコミはちょっと面白いんだけど、
いいリズムの時と悪いリズムの時がある。
たいしたことないボケでも、リズムでイケちゃえるのに勿体無い。
Non!

2)次長課長
河本、すげースムーズに言い間違えるよなw
歌(能)も上手えwww
あと、ヲタはみんなツインテで吹いたと思うw

3)友近
面白いわー。
「七面鳥を食べるまでわね」と「メリークリスマス」(←これがオチの方が良かったと思う)では
腹筋崩壊するかと思ったwww
猫やら魚肉ソーやらのくだりもイイ。

4)品川庄司
この2人がアドリブで変化していくの、長い上に面白くないんだよなー。

5)バナナマン
すげーわ。
「女だよ」っていう発想がすげー。
この2人は演技もすげー上手いし、ここ2年くらいで凄く好きになった。

6)ツッチー&東MAX
昔なつかしのボキャブラ世代ネタ。
…まぁ、何かを言うのは野暮でしょう。

7)バッファロー吾郎
基本、バッファロー吾郎のネタはR-25である気がする。

8)千原兄弟
ナイス合いの手w

9)爆笑問題
いろいろ織り込んでましたな。

■準々決勝(1)
ピーター・アーツvsバダ・ハリ

正直、アーツはもう、ねえ…。
パンチやキックは重いかも知れないけど、
それ以上にカラダが重いでしょ。
キレもスピードも皆無。
プレッシャーのかけ方等で誤魔化しきれるもんじゃないでしょ、K-1は。

WINNER:バダ・ハリ(2R/レフェリー・ストップ)


■準々決勝(2)
エロール・ジマーマンvsエヴァルトン・テイシェイラ

両者とも初見。
ジマーマンはグラウベ・フェイトーザに勝っていて、
テイシェイラは現・極真流空手世界王者とのこと。
特にテイシェイラはパンチのまとめ方にちょっとぎこちない感もあったけど
互いにタフでなかなかいい試合でした。
ジマーマンはFC東京の長友佑都に似ている
(下から見上げた角度だと特に)

WINNER:エロール・ジマーマン(判定2-0)


■準々決勝(3)
ルスラン・カラエフvsグーカン・サキ

サキは初見。
レイ・セフォーに勝ってるんですか。
スピード対決みたいな煽り文句だったけど、
サキは(あるのか知らんけど)スピードを前面に出す気配が微塵もなく、
重そうなローキックを当てながらタイミングを見ては細かくまとめてましたね。
地味にカラエフが判定勝ちになるかな、と思ってたら…。
カラエフは、サキがバックハンドブローを持ってるなんで
まったく知らなかったんだろうなぁ。

WINNER:グーカン・サキ(判定3-0)


■準々決勝(4)
ジェロム・レ・バンナvsレミー・ボンヤスキー

先にボンヤスキーが出て行くとは!
バンナは行けなかったんだろうな…。
そう考えると、相対的にボンヤスキーが良かった、となるワケだが…。
ケガはしょうがないですな。

WINNER:レミー・ボンヤスキー(3R/ドクター・ストップ)


■リザーブマッチ(2)
ポール・スロヴィンスキーvsメルヴィン・ヌマーク

両者とも初見。
ヌマークのフック、かなりの大振りなのに簡単に当たっちゃってたなー。

WINNER:メルヴィン・ヌマーク(1R/KO)


■準決勝(1)
バダ・ハリvsエロール・ジマーマン

慎重なのか?
バダ・ハリが意外に蹴りを多く使ってる印象。
ダウン奪われたラウンドにダウンを奪い返す辺りに
現在の能力差と、バダ・ハリのメンタル面での強さを見た気がしたのだが…。
少なくとも、能力差は決着の仕方にも出たよね。

WINNER:バダ・ハリ(3R/KO)


■準決勝(2)
グーカン・サキvsレミー・ボンヤスキー

サキは最小・最軽量なんだっけ?
ボンヤスキー相手に入っていくのか距離を取るのがいいのか、
全然掴めないまま試合が進んでいった感じだな。
ジャンピング・ミドルって珍しいw

WINNER:レミー・ボンヤスキー(2R/KO)


■決勝
バダ・ハリvsレミー・ボンヤスキー

ゲストで実況席に来てた魔裟斗の口調と発言内容がすべてじゃないですかね。
イエローがレッドになったのはよくわからんけど
(回復のための5分間でバダ・ハリがまた何かしたの?)
反則負けは妥当。

WINNER:レミー・ボンヤスキー(2R/反則勝ち)

カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]