忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[580]  [579]  [581]  [576]  [573]  [572]  [578]  [575]  [574]  [570]  [569
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第2話「ネッサ」
 
公式で確認すると、諸々の予想や考えに正解が出てしまうことがあって
場合によってはちょっとガッカリしたりする。
 
今回で言うと、ネッサがフリュネのゲッペルである…という話は
アニメーションを通じて自分の中で確定させたかったなぁ。
…まぁ、高機能で他とは違うらしいので、
「ドッペルじゃないんじゃないか?」という考えは遠からずなんだけど。
 
 
王宮?みたいなところで、フリュネを探し回っている様子。
フリュネはいいとこの生まれなのかしらね。
フラクタル・システム実用化以降は
地位だの何だのって意味を為さそうな気がするけれど。
 
…と、書いたところで、王妃みたいな人の情報出てるかな?と
キャラクター設定見たら、モーランって名前で
フラクタル・システムの管理者であるみたいなことが書いてあった(笑)
 
うわー(笑)
 
 
よし。
ここからは公式見ないで書く。
 
間違いがあっても気にしない!
 
 
モーネで気になることは2つ。
「この世界はすべて繋がっている」という言葉と、
フリュネが世界の鍵を持ち出したのかも知れない、という話をしてたこと。
 
前者はフラクタル・システムのことだと思う。
後者は、この回を観ながら、
フリュネがクレインの元に残した水晶(=ネッサ)のことなのかな?
と思った。
 
 
実際、好奇心と感性の塊みたいなネッサの振る舞いは、
モビールやらのシステムに干渉してるし、
クレインのココロを動かした
(アタマでわかっていたけどしまいこんでたことに気づかせた)
わけだし。
 
Bパートの、クレインと、彼の両親のドッペルとのやり取りは、
フラクタル・システムをネガティブに解釈した時の象徴じゃないかな。
そして、そんな解釈をしてしまう心情を創りだしたのがネッサ。
 
 
 
3バカ(というかエンリの兄)は何でフリュネを追っていたんだろう?
モーランに頼まれた風ではないよねぇ。
 
謎。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]