忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[582]  [571]  [580]  [579]  [581]  [576]  [573]  [572]  [578]  [575]  [574
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第3話「もう何も恐くない」
 
マミの心情がよくわからん。
 
自身は考える余地もなく(やむなく)魔法少女になって、
独り、戦いの暮らしに身を置いている。
 
まどかの言葉を聞いて、本気で幸せを感じながら最期の戦いをしていたことから、
自分の弱さ、孤独を感じていることを自覚している。
 
彼女は、仲間を欲していた。
 
一方で、魔法少女になること、願いごとについては慎重になるよう、
まどかとさやかを諭す。
 
孤独から抜け出したい一択なら、そこはノータッチでいいんでない?
 
仲間となる(かも知れない)人間に対する気遣いなのかなぁ?
でも、それなら、見学と称して、自身の戦いに同行させていたのはおかしいよね。
 
今回が見事にそうだったように、
単なる人間の彼女たちを守りきれない可能性もあるのに。
 
死と隣り合わせの危険性を訴えるなら、
一回見せれば…いや、出逢いの時点で十分でしょ。

まどか(さやかもだけど)が魔法少女になることを止めようとするほむらに対し、
強く敵対心を抱いていたのもわからない。
 
仲間が欲しいのであれば、考え方が相容れなくても、敵を増やす必要はないでしょ。
 
まどかの素質を見抜いていながら、
連絡先(携帯)の交換をしていないのもおかしい。
 
「仲間は欲しいけど巻き込んでしまっていいのか、という良心の呵責に揺れている」
と結論付けるには
納得出来ないことばかりなんだよなぁ…。
 
 
ところで、キュウベエは
魔法少女になることを急かすことも、助言も出来ないという。
 
コイツは、単純に契約するだけの存在なのか?
 
違うと思う。
 
前回も感じたけど、コイツ、重要なことたくさん隠してるでしょ。
そして、能力も見せていないと思う。
 
この第3話を観ていて
「キュウベエは、より魔法少女の素質を持つ子を求めてるだけで、
 最高の素質を持った存在以外はコマみたいに思ってるんじゃないか」
と感じた。
 
マミの最期すらも、まどかを落とすための材料の一つとするために
あえて助けなかったように見えるんだよなぁ。

 
さやかは、マミの最期を目の当たりにして混乱してる
…ということでいいのかな。
 
ほむらに「返せ」はどう考えてもおかしいもんね。
感謝しろよ、お前、死んでたとこだぞ。って話だし。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]