忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[94]  [92]  [90]  [89]  [88]  [87]  [83]  [75]  [76]  [72]  [71
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

去る9月27日(土)、
劇団大富豪の第5回公演「ETERNAL BLUE」を観劇してきました。


劇団大富豪(公式)
http://www.geocities.jp/gekidan_daifugo/

和泉さんのその日の日記
http://d.hatena.ne.jp/kanata_izumi/20080927


あらすじ。
(※チラシにあるものを丸写しするのも何なんで、
舞台を観て思ったままにまとめました)

大阪に住む少女、竹中鈴(たけなかりん)は、
ふとした事が理由で1人の少女を自宅へと連れ帰ることになった。
こちらの言葉は理解しているようだが、自身は全く言葉を発しない少女。
作曲家の父・テツジと刑事である兄・ヒカルともども、少女の処遇に困る鈴。
「精神的なものからしゃべれなくなっているのかも知れない」と
ヒカルは幼馴染で精神科医の阿部を東京から呼び寄せる。
阿部の到着を待つ間、身体を休めていた鈴は、幼き頃に亡くした母の夢を見た。
--お母さんに、逢いたい。
鈴の思いに呼応したのか。
モノ言わぬ少女が、目覚めた鈴の胸に手を触れ、直接心に問いかけた。
「お母さんに、逢いたいの?」
「!?」
ようやく阿部が東京から竹中家へと到着し、モノ言わぬ少女を診断にかかる…が、
そこで辿り着いた結論は、到底考え難いものだった。
この結論にどう向かい合うべきか。
考えを巡らす時間もないまま、モノ言わぬ少女を追う者が竹中家へとやってきた-----。



このあらすじからはほっとんど伝わらないんですけど(をい
テーマは「家族愛」です。

今は亡き母に逢うことを渇望する鈴。
タイムスリップというカタチでそれを叶えるモノ言わぬ少女(アンビ。実はアンドロイド)は、
鈴と若き日の母の触れ合いを目にし、
自身と、自分をアンドロイドとした姉との間にあった絆を(文字通り)思い出す。

現代に戻り、姉との絆を再度確認し、強めてから果てるアンビ。

アンビを巡る国家レベルの騒動から少し落ち着く頃、
鈴の18歳の誕生日に、18年前の母がこの日のためにしたためた手紙が開封される。




上手くまとまんねーなー(笑)

とにかく、母が泣かせ過ぎる。
自身が高校生の時に娘が未来からタイムスリップしてきた、という話を信じるわ、
現代への去り際の娘の態度で自分が長くないこと悟ってるわ、
もう生きていないことを承知で鈴が産まれた時に手紙したためてるわ、
その内容がもう最高だわ…。

竹中家の人間が根っからピュアでいいヤツであることを除いても
これだけ家族のことを想って、且つ、それを口に出せたりするケースなんて
稀なんだけど、だから「いいなぁ」って思わせるんだよね。

稲田徹さんのテツジ(父親)が軽妙で、だけどいい声で、
最後のいいシーンは「お前は洋画の吹き替えか!w」って感じに
大らかないいおとんでさー、
もうムカつくやらヤラれたやらで涙ボロボロですよw

ただ泣けるお話じゃなくて、
序盤の1/3くらいはアドリブ勝負のネタ有り、稲田さんが小ネタ挟みまくり、
超問題児のルミちゃんが暴れまくりで爆笑だし、
笑いの部分でも十二分に面白かった~。



鈴と若き日の母との触れ合いの部分とか
宮原さんのヒカルがカッコついてたところとか
もっと織り込んで上手くまとめたかったんだけど、
もういいや。
諦めた(笑)


豊嶋真千子さんのセーラー服姿が見られただけでボクはもう・・・。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]