忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[714]  [700]  [723]  [702]  [699]  [698]  [707]  [722]  [718]  [716]  [706
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

#4「conversion(転換)」
 
2度目のディールは自身の講師である江原。
知り合いに勝つことで「未来を担保にすること」の意味を知る公麿。
更に、三國の言葉と戦い方に
「傷つくのも傷つけるのも嫌だ」という願望の可能性を見る。
 
……てな感じですかね。
 
 
江原が意外に冷静だったのは、
自分がそんなに子供を望んでなかったというのもあるかも知れないけど、
それでも、まだ生まれていなかった3人目はともかく、
1人目、2人目については何年も共に在ったわけで、
それが失われたにも関わらず自分を保ち、
変わった現実を突き付けられた翌日には公麿にすべてを話すというのは
驚異の冷静さだよなー。
「公麿が負けてしまうと記憶を共有出来る人間が居なくなる」という恐怖が
ギリギリで彼を支えているのだろうか…。
 
 
三國が椋鳥ギルドでやろうとしていることは理解した。
現状、掲げてる考えはには賛同する部分が大きいけど、
やはりウラを感じずにはいられないよねぇ(苦笑
 
菊地は、三國の対比としてなかなか良かったです。
 
 
アセットってのはアントレ1人につき1体じゃないのね。
所有数もアントレの強さの指標と考えると、
やはり三國は要注意人物だよねぇ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]