忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[698]  [707]  [722]  [718]  [716]  [706]  [713]  [701]  [688]  [689]  [696
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第5話「涙の板前慕情」
 
拡大解釈の連鎖で福屋に引き抜かれることになった徹さんを巡る
あれやこれや。
くだけてきたからこそだよなー、と思う。
 
みんちがわかり易くて、可愛くて。
色恋としての好意はさておき、
きちんと恩を感じているのも真っ直ぐで良いな。
自分を置いてくれるところを探し回る根性は見上げたもの。
 
みんちの真っ直ぐさを感じて動く緒花もまた真っ直ぐだよな。
…まぁ、いろいろ問題はあるけど(笑)
福屋に乗り込む行動もそうだし、
みんちに対しての「自分のためでもある」なんかは
その自覚に至らない人も多いし、
至ったところで言わない人の方が多いでしょう。
(主に行動面で)若さももちろんあるんだけど、
宣言してしまう部分は、その人間の本質だと思う。
みんちの色々を認めて尊敬した上でのことというのがまた良いよね。
 
緒花の真っ直ぐさは、徹さんにも伝わってたね。
 
緒花の行動が大問題にならなかったことと、
女将の「シゲ子ちゃん」発言から、
ある程度仲が良いのは間違いないよね。
…ところで、この件に関して、女将から緒花へ直接説教してる描写がないのは
「緒花は娘(緒花の母・皐月)に似ているから
 ある程度は仕方ない」という割り切り、
それとも一歩進んで許容や自身の変化に至っているのか、は
ちょっと考えてみてもいいと思うんだ。
緒花の、外に向かう真っ直ぐさは、人を巻き込むチカラがある。
ナコはもうバッチリ巻き込まれてるよ。
 
次郎丸は、やはり一応小説家なんだな(笑)
自分の中で出来上がった話を印象づけるための
「僕達を捨てて」ってフレーズ(笑)
 
結名面白いな(笑)
>メットにデコ、マッサージ器、エセ
 
 
冒頭、みんちと呼びきれなかった緒花。
最後、好きなあだ名で呼んであげると緒花に言ったみんち。
いいですなぁ、こういうの。
 
 
ぼんぼり祭りは物語のひとつのポイントになりそうだな。
今回で2回目の振り。
 
コウちゃんが旅行雑誌っぽいの広げて寝てたし、
これはぼんぼり祭りの時期に緒花を訪ねてくる話、ありそうだな。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]