忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第9話「人食いデパートに青薔薇は咲く」
 
日本に居る姉に頼まれた「青い薔薇」のペーパーウェイトを求め、
ソヴレムのデパート・ジャンタンにやってきた一弥。
しかし、そのデパートの中で一弥は事件に巻き込まれる---。
 
 
一弥の観察眼と記憶力すげーな。
念には念を…ということで速攻で内装業者を入れた
デパートのオーナーであるガルニエも凄いが…。
 
冒頭でアブリルが一弥にした怪談と、
ジャンタンの付近で様子を観察していた少年、
(彼は情報屋みたいな仕事をしてるのか?
 一弥にすがりついた怖いおばさんとの関連を含め気になる)
ブロワが追っているという美術品密売事件が
カオスの欠片ということなのでしょう。
 
ブロワには、内装の違いなどがあるにせよ
一弥がデパート内の、
一般客が入ることのない部屋の場所を把握していたことに
気付いて欲しかったのう。
 
退屈→ツン対応→知ったかぶり→風邪ひき→注射嫌い…の
ヴィクトリカが可愛かったです^^
PR
第8話「過去の王国に遠吠えがこだまする」
 
あれ?
OPちょっと変わった?
 
20年前、当時の村長に26歳で死ぬと予言?されるハーマイニヤ(6歳)

生き延びたい一心で当時の村長を殺害

不運にも第一発見者となったために罪人にされるコルデリア

(20年経過)

ヴィクトリカたちが夏至祭にやってくる

男性3人組は窃盗団だった。
仲間割れで互いを殺害、2人死亡。

村の特殊性から、村長が2人の死亡に関わっていると思われたが
ヴィクトリカがカオスの欠片を再構成。
20年前の事件との関連性がないことが証明される。
 
 
大まかな流れってこんなもんか。
 
ハーマイニヤの背景とか、
アンブローズが外界への興味を持っていたことなんかが
一応、事件の流れに少しかかってるんだけど、
どうに弱いなぁ。
 
 
事件そのもの、関わる人々の背景、いずれも薄いんだよなぁ、この作品。
 
 
ヴィクトリカの中の人の演技は非常に良い。
第7話「夏至祭に神託はくだされる」
 
400年前から下界との接触を絶つ、自給自足の村。
しかし、10年前から、スポンサーであるブライアン氏により
電気は通っている。
 
10年前、ヴィクトリカの母であるコルデリア・ギャロは
前村長殺しの罪人として村を追われる。
 
死人が出ても祭の続行にこだわる村長。
 
コルデリアにそっくりなヴィクトリカを
極端なまでに怖がるメイド。
同様に、現村長にも恐怖を抱いている様子。
 
外界の人間の、村の様子をからかうさまに激しく怒る村長。
 
ヴィクトリカへのいやがらせと思しき
停電や、カップに入れられた眼球(?)
 
 
夏の軍と冬の軍の戦いを模した夏至祭。
 
 
現村長と、
ミルドレッドと、
何かの代わりに入れられていた写真とが
お話の鍵なのは間違いないでせう。 
第6話「灰色の狼は同胞を呼びよせる」
 
アブリルに連れ回され、
彼女の積極性を羨み、
しかし「ヴィクトリカのことは僕しか…」って、
一弥、お前、そこきちんと自覚しろや(笑)
 
ヴィクトリカはただでさえあんな性格なのに、
一弥がまったくの無意識で
自分と本とを天秤にかけさせる発言したり
「僕のこと嫌ってる?」って聞いたりってのは
あんまりだよな(笑)
 
一弥はさっさと黒髪の王子様になるべき!
 
 
 
のみの市での前振り(ミルデン皿盗難、ミルドレッドとの出逢い)から
ヴィクトリカの出自に関係する村への来訪、と
話が展開していったけど…2クール予定らしいのに
第6話にしてこんなところに行って大丈夫なのかな?
 
原作でも早い段階でヴィクトリカのあれこれが判明してるのかしら。
 
一弥とヴィクトリカが深いところでわかりあってしまったら
(と言うか、一弥がヴィクトリカを知ってなお受け入れられるのなら)
GOSICKという物語は終わりじゃないのかな。
 
「智恵の泉」は出自から更に深いところにあるのかな。
だとしたら後天的なもの?
第5話「廃倉庫には謎の幽霊がいる」
 
昔、クィアランという怪盗が居て、その正体はマクシムだった。
 
盗み出した品を学園に隠していた彼は、
8年前、倉庫に閉じ込められて死んでしまう。
 
二代目クィアランを名乗る少女は、
初代が盗み出した世界初の切手を追って学園にやって来る。
…道中、目当ての品に繋がる少女・アブリルと出会う幸運もあり、
捜索は順調かに思われた。
 
が。
 
「金髪の妖精」ヴィクトリカにすべてを看破されてしまい、
目的が果たされることはなかった。
 
 
 
まとめるとこんな感じか。
 
……4話冒頭のバイクの事件って、要るか?
 
それと、一度本を手にしておきながら
絵葉書を発見出来なかったクィアランて……。

 
グレヴィールが二代目クィアランの噂に真面目な顔してたのが
「こいつ変装してるクィアランじゃね?」と思ってしまった(笑)
 
本物のアブリルの「黒髪の王子様」噴いた(笑)
 
そして、人見知りのヴィクトリカ可愛いなぁ。
 
 
謎解きの部分、面白味ないねぇ、これ(苦笑
最後の最後に可愛いヴィクトリカを見るまでの
前フリだわ…。
 
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]